TOP > 動物愛護 > 犬と動物愛護に関する記事

犬と動物愛護に関する記事

362件 1〜10件目

ペットショップに行く前に、保護猫の存在を知って

「ネコノミクス」という言葉が生まれるほどのネコブームの一方で、全国で約6万7千匹が殺処分されるという現実。これを減らそうと奮闘する人たちがいる。 「あんたらが…[ 続きを読む ]

猫をながめながらカフェ飯 猫や犬の預かりボランティアもする「犬猫食堂」

 2014年7月号のキャットアラカルトでも紹介した、世田谷区下馬の住宅街にある「犬猫食堂 紫陽花(あじさい)」。以前はオーナーの新妻美法(みのり)さんの祖父母…[ 続きを読む ]

神奈川県動物保護センター、建て替えのための寄付が集まらず 「県費を使うことも検討」と知事が方針転換?

 神奈川県動物保護センター(平塚市)の建て替えにかかる建設費11億円を寄付で賄うとしていた黒岩祐治知事が、開会中の県議会で「県費充当も検討したい」と発言し、こ…[ 続きを読む ]

もか吉グッズ、収益の一部を寄付 保護犬猫の支援に

 和歌山市で防犯パトロールなどに取り組んでいるボランティア犬「もか吉(きち)」や飼い主の吉増江梨子さん(36)らで作る「チームもか」が14日、和歌山市保健所に…[ 続きを読む ]

「災害時、ペット同行避難者を受け入れるように」 宮城県が防災計画に盛り込む

 災害時の避難所で、避難者が飼うペットを受け入れることが宮城県の地域防災計画に初めて明記された。県防災会議が7日、県庁であり、修正案が承認された。  ペットの…[ 続きを読む ]

名付けて、食べて→保護犬の施設などに寄付もできる 飲食店の特別メニューに命名権

 大阪市鶴見区の飲食店2軒が17日から、新作の特別メニューの命名権(ネーミングライツ)の代金と売上金の一部を同区内の子ども向けホスピスと動物保護施設に寄付する…[ 続きを読む ]

第10回 塀の中で盲導犬候補の子犬を育てるパピープログラム 信頼と愛情を得る受刑者たち

「がんばれよー」 「元気でな」  犬を抱きしめ、ほおずりする人。体をさすり、頭をなでる人。犬のほうもひざに乗ったり、顔をなめたりして、全身で甘えている。  こ…[ 続きを読む ]

(トップに聞く)栄養管理、きめ細かくサポート ロイヤルカナン・ジャポン社長、山本俊之さん

――取り扱うペットフードの種類が多岐にわたっていますね。  1968年にフランス人獣医師のジャン・カタリー博士が創業して以来、グローバルで同じ価値観を共有して…[ 続きを読む ]

犬猫の流通、監視できていますか 自治体の業者規制など調査 動物愛護の担当「人手不足」

 劣悪な環境での飼育や病弱なペットの販売など、犬や猫を取り扱う繁殖業者やペット店にまつわるトラブルが相次いでいる。動物取扱業者への自治体の監視指導は十分なのか…[ 続きを読む ]

イヌ・ネコの国内流通85万匹! ペットブーム続き、15年度は前年度より10万匹増

 2015年度に国内で販売されるなどした犬猫は少なくとも約85万匹で、前年度より約10万匹増えていることが朝日新聞の調査で分かった。流通量の増減のデータはこれ…[ 続きを読む ]

37ページ中1ページ目を表示