TOP > 動物愛護 > 猫と動物愛護に関する記事

猫と動物愛護に関する記事

320件 1〜10件目

保護猫、飼ってみませんか? 救える命、猫カフェで支えて

 一時は殺処分の対象だった猫とふれ合える保護猫カフェ「まほらねこ」が、山形県高畠町にある。飼い主を探し、少しでも多くの命を救いたいとの思いがある。オープンから…[ 続きを読む ]

猫は人気だけど……動物病院「譲渡犬の飼い主が見つからない!」

 福岡県行橋市門樋町の原田動物病院で、譲渡犬の飼い主がなかなか見つからない「異変」が起きている。一昨年までは「右から左だった」というほど、すぐに引き取られてい…[ 続きを読む ]

野良猫、にゃんとかしよう ボランティア団体ら捕獲大作戦 里親探しも

 山梨県庁では、昨年4月の敷地の一般開放以来、のんびり歩く野良猫の姿が目立つようになった。餌をやる人もいて、西門付近に猫が集まるようになり、近隣から汚物などの…[ 続きを読む ]

仕入れ値高騰、続く猫ブーム 遺伝性の病、広がりに懸念

 申(さる)年が去り、酉(とり)年に。猫年はやってこないけれど、猫ブームは続き、ペットショップでの販売数が増えている。一方で、猫の遺伝性の疾患も広がるのではな…[ 続きを読む ]

僕は捨て猫まめ。新しい家族と出会って、今はおなかいっぱい食べられて、とっても幸せ

 僕は生まれてすぐ妹と一緒に捨てられ、野宿中に親切なおばさんに保護された。今は里親のパパ、ママ、お姉ちゃん、坊ちゃんが可愛がってくれて、ごはんもおなかいっぱい…[ 続きを読む ]

ペット連れ避難者も受け入れます! 大分の「動物愛護センター」、殺処分ゼロめざして構想

 大分県と大分市は、2018年度中に共同整備する予定の「おおいた動物愛護センター(仮称)」の基本構想を作った。災害時に、ペット同行の避難者を受け入れることなど…[ 続きを読む ]

北海道の「猫島」で保護活動 人に慣らして新たな飼い主へ… 旭山動物園、生態系を守る取り組み

 しっぽが短い2匹の猫。旭山動物園の飼育員、国友透子(みちこ)さん(27)と獣医師、中村亮平さん(35)に抱かれ、くつろいだ表情を見せた。天売(てうり)島(北…[ 続きを読む ]

動物愛護センター名「あすまいる」に決定 犬猫キャラ名は「き~ぼう」と「つむぎちゃん」

 5月にオープン予定の「三重県動物愛護推進センター」の施設の愛称が、「あすまいる」に決まった。また、犬と猫をモチーフにしたマスコットキャラクターの名称は、それ…[ 続きを読む ]

野良猫70匹の去勢手術、 香川の志々島で始まる ワクチン接種も

 香川県三豊市の志々島で23日、猫の一斉不妊去勢手術が始まった。地元や東京などから獣医師5人が参加。次々と運び込まれる猫に手際よく手術を施していた。  この日…[ 続きを読む ]

第9回 虐待を受けた子どもたちがアニマル・シェルターで職業訓練 保護犬猫をケアして自立へ

 コラムの 第7回 では、虐待を受けた子どもたちが、自分と同じように虐待を受けて保護された動物たちをケアすることで、慈しむ心を育んでいくForget Me N…[ 続きを読む ]

32ページ中1ページ目を表示