TOP > 「猫は一生の伴侶」大佛次郎 500匹飼った作家の猫グッズ展示 鎌倉文学館

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2016/03/19

「猫は一生の伴侶」大佛次郎 500匹飼った作家の猫グッズ展示 鎌倉文学館

大佛次郎の羽織=鎌倉文学館提供
大佛次郎の羽織=鎌倉文学館提供

 鎌倉文士をはじめ、鎌倉にゆかりのある作家たち約340人の資料を保存・展示する鎌倉文学館。今回初めて、愛用品をメインにした企画展「作家 身のまわり」を開催している。川端康成が使った鎌倉彫の座卓や、夏目漱石が好んだ掛け軸など、趣味嗜好(しこう)にあふれる品々に、文豪たちの親しみ深い一面を垣間見ることができる。

 

「鞍馬天狗」などの時代小説から、ノンフィクションに随筆まで、多彩な文筆活動で知られる大佛は、大変な愛猫家だった。「猫は一生の伴侶」と、常に十数匹の猫と暮らし、飼った猫の数はのべ500匹にも及んだ。猫をモチーフにしたグッズも熱心に収集。ハレの日に着ていた羽織には、裏地に日本画家中村岳陵が描いた白く愛らしい猫が。周囲の人にチラリと見せては楽しんでいたという。

 

林房雄の机上=鎌倉文学館提供 
林房雄の机上=鎌倉文学館提供 

 

「私が釣っているのは、魚ではなく、少年の日の夢なのであろうか?」。林房雄の著書「釣人物語 緑の水平線」(二見書房)のあとがきの一節だ。瀬戸内海を望む港町で生まれ育った林は、子供の頃から釣りと魚を愛し、その思いは生涯色あせることはなかったという。創作の机上にまで、魚の形の筆置きと、赤い魚が描かれた原稿用紙が並ぶ。

 

(渡辺香)

鎌倉文学館
神奈川県鎌倉市長谷1の5の3(電話0467・23・3911)。
4月17日までの午前9時~午後5時(入館は30分前まで)。入館料300円。3月21日を除く月曜日休み。

関連記事

「真にペットと共に生きる社会へ」 賃貸住宅でペット共生型を提案 旭化成ホームズ

 阿久津富和・旭化成ホームズ集合住宅営業本部長に聞く ――「ペット共生型住宅」の提案はいつから?  1998年に「旭化成ペット研究会」を発足させたことに始まります。ペットと一緒に住みたい人のニーズを…[ 続きを読む ]

盲導犬のお仕事知ろう、青森の小学校で体験授業 「犬がいれば好きな時にどこへでも行ける」

 盲導犬や目の不自由な人のことを知ってもらおうと、日本盲導犬協会などが25日、青森市立橋本小で体験授業をした。全校児童42人が、実際の盲導犬と触れ合いながら、仕事内容などについて学んだ。  同協会仙…[ 続きを読む ]

「AIBO愛は犬への思いと同じ」 AIBOで考える心と命 児童書を出版、千葉の児童文学作家

 ソニー生まれのロボット犬AIBO(アイボ)をテーマにした児童書「よみがえれアイボ ロボット犬の命をつなげ」(金の星社)が出版された。AIBOの修理や供養に取り組む人たちの思いを通して、心とは、命と…[ 続きを読む ]

保護猫カフェで飼い主探し 盛岡のNPO「もりねこ」 県動物愛護センター設立支援も

盛岡市、NPO法人「もりねこ」代表理事、工藤幸枝さん(30歳) 「保護猫」を知っていますか。野良や、飼育放棄され、行政やボランティアに保護された猫のことです。私たちが運営するNPO法人「もりねこ」は…[ 続きを読む ]