TOP > ねこ駅長「たま」の足跡、忘れないよ 和歌山電鉄が公立小に本寄贈

トピックス

ねこ駅長「たま」の足跡、忘れないよ 和歌山電鉄が公立小に本寄贈

和歌山電鉄の小嶋社長(中央)とニタマから本を受け取った児童ら=和歌山県紀の川市貴志川町神戸
和歌山電鉄の小嶋社長(中央)とニタマから本を受け取った児童ら=和歌山県紀の川市貴志川町神戸

 和歌山電鉄は、去年死んだ「たま名誉永久駅長」の活躍をつづった児童書を、和歌山県内の市町村立小学校計247校(分校含む)に2冊ずつ寄贈することを決め、紀の川市の貴志駅で贈呈式を開いた。

 児童書「ねこの駅長たま びんぼう電車を救ったねこ」(角川つばさ文庫)は7月に発売。すでに4回増刷されるなど、全国で売れ行き好調だという。同電鉄の小嶋光信社長が1千万円を出資して創設した「たま駅長基金」を活用し、県内の児童に本をプレゼントすることを決めた。

 贈呈式では、本の筆者でもある小嶋社長が、「たまⅡ世駅長」のニタマとともに、代表の子どもたちに本を手渡した。紀の川市立中貴志小学校6年の坂口雄厘(ゆうり)さん(12)は「みんなに見せたい」とはにかんだ。県教委の宮下和己教育長も「大変ありがたい。お父さん、お母さんにも読んでもらい、親子の会話のきっかけになれば」と謝辞を述べた。

(白木琢歩)