TOP > トピックス

夫婦と雄猫4匹が同居 猫だらけの家は「賑やかな猫男子寮」

夫婦と雄猫4匹が同居 猫だらけの家は「賑やかな猫男子寮」

「去年、銀婚式を迎えましたが、猫が絶えたことがない。今は雄ばかりの猫男子寮ですが、楽しいですよ」    作曲家の秋透さん(60)と、妻で同業の敦子さんの家は、東京都町田市の住宅街にあるテラスハウス(2階建て・3LDK)。現在、9歳から14歳までの4匹の雄猫と暮らしている。   (末尾に写真特集があります)    まずはこちらへ…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ライフスタイル|アメショー,キジトラ,シャム猫,多頭飼い,野良猫

sippo

飼い主によりそうボルゾイ犬の幸せ 「夜廻り猫」、今夜は愛を見つけた涙の匂い

飼い主によりそうボルゾイ犬の幸せ 「夜廻り猫」、今夜は愛を見つけた涙の匂い

 漫画に登場する犬はボルゾイという犬種。作者の深谷かほるさんの知人が実際に目にした光景だそうです。  深谷さんは「もしこれがシバイヌだったら、はじめから飼い主以外には目もくれないかも。このボルゾイには、『本当は犬と遊びたい』という思いがあって、でもやっぱり『飼い主が大好き!』という気持ちの揺れが、素直に身体(からだ)に出たんだと思います」。 「自分の忍耐や…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|ボルゾイ,夜廻り猫,愛犬,深谷かほる,犬の散歩

朝日新聞デジタル

来年度も捜査を助けてがんばるワン! シェパードなど17頭、新たに嘱託

来年度も捜査を助けてがんばるワン! シェパードなど17頭、新たに嘱託

 千葉県警は16日、犯罪捜査や行方不明者の捜索などに協力してもらう来年度の嘱託警察犬54頭と訓練士や飼い主に嘱託書を交付した。民間の訓練施設で飼育されたシェパードやゴールデンレトリバーなどで、このうち17頭は新たに嘱託した。  今年度の嘱託犬の出動は今月15日現在で29件。相棒のシェパードと今年度は10回出動した訓練士の鈴木和雄さん(70)=千葉市花見川区…[ 続きを読む ]

犬|話題|シェパード,千葉県警,嘱託警察犬,訓練士,警察犬

朝日新聞デジタル

老犬・老猫ホーム、命と向き合い みとりまでお世話します

老犬・老猫ホーム、命と向き合い みとりまでお世話します

 高齢者が高齢のペットの面倒を見る「老老介護」、親の介護に加えてペットの介護もする「二重介護」……。ペットの長寿化が進む中、様々な事情でペットと一緒の生活が難しくなる飼い主たちがいる。そんな飼い主のニーズに応え、ペットをみとりまで世話し続ける施設が静岡県内にある。  三島市芙蓉台3丁目の老犬ホーム「富士の里」。NPO法人「日本ア…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|老犬,老犬老猫ホーム,老猫,静岡県三島市,高齢化

朝日新聞デジタル

保護猫の明日、考える宿 シェルター付きの「ねこ蔵ホステル」がオープンします!

保護猫の明日、考える宿 シェルター付きの「ねこ蔵ホステル」がオープンします!

 殺処分される猫を減らしたい――。動物愛護センターから引き取った処分直前の猫を一時的に預かる保護猫シェルターを備えたゲストハウス「ねこ蔵(くら)ホステル」が23日、福岡市にオープンする。施設を管理する井上恵津子さん(55)は「『明日が来ない猫』を1匹でも多く助けたい」と、施設利用を呼びかけている。  ゲストハウスは、不動産事業を手がける「DM都市開発」(福…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|ゲストハウス,シェルター,保護猫,猫付き民泊,福岡市

朝日新聞デジタル

犬9匹、残されて……引き取り先を探す? 朴槿恵氏の飼い犬、大統領府に

犬9匹、残されて……引き取り先を探す? 朴槿恵氏の飼い犬、大統領府に

 韓国大統領職を罷免(ひめん)された朴槿恵(パククネ)氏が大統領府で育てていた犬9匹の行方に、韓国で関心が集まっている。朴氏は12日に大統領府を出てソウル市内の自宅に戻ったが、9匹は残されたまま。大統領府は時機をみて、適切な引き取り先を探すという。  朴氏は2013年2月の大統領就任時、自宅近くの住民から珍島(チンド)犬2匹をプレゼントされた。15年8月に…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|動物愛護団体,子犬,朴槿恵,珍島犬,韓国

朝日新聞デジタル

捨て犬が多いのに愛称にネコ?…「しゅうニャン市」予算、激論の末に可決したけれど

捨て犬が多いのに愛称にネコ?…「しゅうニャン市」予算、激論の末に可決したけれど

 山口県周南市が1月から取り組んでいる「しゅうニャン市」プロジェクト=キーワード。関連事業費を盛り込んだ新年度予算案が、15日にあった市議会の最終本会議で激論の末に可決された。木村健一郎市長は「シティープロモーションの切り札」と位置づけ力を入れるが、「税金の無駄」と反発する市議との溝は埋まりそうにない。 「これほどの反発にあうとは予想していなかった。反対の…[ 続きを読む ]

猫|話題|しゅうニャン市,予算案,地域おこし,山口県周南市,市議会

朝日新聞デジタル

動物病院に猫カフェ併設、殺処分を減らしたいと活動する病院長などに職業奉仕賞

動物病院に猫カフェ併設、殺処分を減らしたいと活動する病院長などに職業奉仕賞

 仕事を通じて地域に貢献したとして、行橋みやこロータリークラブ(真鍋卓朗会長ら59人)は15日、福岡県行橋市門樋町の原田動物病院院長村山真知子さん(63)と、みやこ町勝山上田の井上農園代表井上佳久さん(46)を職業奉仕賞で表彰した。  村山さんは動物病院に2011年7月から猫カフェ「ゆくねこ」を併設するなど、猫や犬と新しい飼い主を結びつける活動に取り組んで…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|しつけ方教室,猫カフェ,福岡県行橋市,表彰式,里親探し

朝日新聞デジタル

「命の重み、忘れないで…」 淡路島で保護犬・猫の写真展 飼い主も募集

「命の重み、忘れないで…」 淡路島で保護犬・猫の写真展 飼い主も募集

 淡路島で動物愛護に取り組むボランティアグループ「淡路ワンニャンクラブ」が、飼い主に捨てられた犬や猫たちを写真やパネルで伝える「捨てないで!小さな命」展を、兵庫県洲本市宇原の市民交流センターで開いている。    同クラブは1996年から活動。スタッフら約10人が、捨てられた犬や猫たちの保護や新たな飼い主探しを続け、インターネットなどを通して動物愛…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|保護犬猫,写真展,洲本市,淡路ワンニャンクラブ,淡路島

朝日新聞デジタル

倉科カナさん、保護猫を迎え、一歩踏み出す 「不幸な犬猫のこと、同世代に伝えたい」

倉科カナさん、保護猫を迎え、一歩踏み出す 「不幸な犬猫のこと、同世代に伝えたい」

 不幸な犬や猫を減らしていきたい。日本のペットたちが置かれた一部の劣悪な環境を知ると、多くの人がそう思う。でも何から始めればいいのかわからず、そこで立ち止まってしまう――。そんな中で、女優の倉科カナさんは今年、保護猫を迎えることで一歩踏み出した。その思いを聞いた。    倉科さんが迎えた保護猫の雪(せつ、メス)は、まだ離乳前にやってきた。動物病院…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|ブリーダー,保護猫,倉科カナ,生体販売,3月のライオン

朝日新聞デジタル

175ページ中2ページ目を表示