TOP > ビジネス

新鮮な小魚を猫のおやつに! 東京から愛猫と高知に移住 地域おこしめざす女性

デモ

 高知県中土佐町矢井賀に東京から移住した地域おこし協力隊員が、新たな事業に挑戦している。土佐湾の新鮮な小魚を使い、猫のおやつを作ること。都市部の愛猫家に受けそうなアイデアは県のビジネスプランコンテストで最優秀賞に。17日には試作品作りが行われた。  企画したのは、地域おこし協力隊員の井川愛さん(4…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|ライフスタイル|キャットフード,地域おこし協力隊,猫のおやつ,町おこし,高知県中土佐町矢井賀

朝日新聞デジタル

犬・猫支援へ、ボランティア犬「もか吉」らのグッズ販売 収益の一部、薬や診察代に

デモ

 和歌山市のボランティア犬「もか吉(きち)」(オス、5歳)らの愛らしい写真があふれた来年のチャリティースケジュール帳とカレンダーが完成した。2匹を育てる吉増江梨子さん(36)らで作る「チームもか」が製作。これらのグッズの販売収益の一部を市の保健所に保護されている犬や猫の支援のために使う試みだ。  …[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|もか吉,チャリティー,保護犬,和歌山市,防犯パトロール犬

朝日新聞デジタル

歌舞伎になった伝説の「化け猫」、見に来てね! 活性化をねらって商店街にモニュメント

デモ

 歌舞伎の題材として有名な愛知県岡崎市の化け猫伝説で街を盛り上げようと、市中心部の商店街に化け猫のモニュメントが設置された。地元の商店主らが企画した。  岡崎の化け猫伝説は、江戸時代の1827年に初演された四世鶴屋南北作の歌舞伎「獨道中(ひとりたび)五十三驛(つぎ)」で全国的に有名になった。物語で…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|ゆるキャラ,化け猫伝説,愛知県岡崎市,歌舞伎,町おこし

朝日新聞デジタル

(トップに聞く)ノミ予防普及へ 情報発信が必要 メリアル・ジャパン社長、永田正さん

デモ

――世界的なペット分野の製薬会社。日本ではどんな展開を?  ノミやマダニの駆除薬やワクチンに強い会社として、ペットの製薬分野で世界シェア1、2位を争っています。日本では2014年に経口タイプのノミ・マダニ駆除薬「ネクスガード」を新たに発売し、「フロントライン」とともに主力製品になっています。  日…[ 続きを読む ]

犬|猫|健康|ビジネス|話題|ライフスタイル|ノミ駆除薬,ペットの健康,ペットの寿命,メリアル・ジャパン,ワクチン

朝日新聞デジタル

保護犬から“日本一の美柴”に 和紙店の広報担当「柴田部長」がフォト本に

デモ

 元保護犬の柴犬で、京都の和紙店「和詩倶楽部」の特命広報部長という肩書を持つ“柴田部長”のフォトブック「はたらく柴田部長」(小学館)が発売された。   (末尾にフォトギャラリーがあります)    柴田部長は、商品モデルやSNSでの情報発信など、広報活動を…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ビジネス|話題|保護犬,写真集,和詩倶楽部,柴犬,柴田部長

sippo

化粧品の開発、動物実験なしで 日本企業も海外の規制に対応めざす

デモ

 化粧品の開発で「動物実験」をやめる動きが広がっている。欧州を中心に動物実験をした化粧品の販売が禁じられたからだ。動物に頼らない新たな開発方法を検討するアジアや欧州の研究者らの会議が、16日まで日本で初めて開かれ、日本企業も対応を進めている。    佐賀県唐津市で開かれた会議には、研究者…[ 続きを読む ]

その他|動物愛護|ビジネス|話題|動物実験,動物愛護,化粧品,資生堂,LUSH

朝日新聞デジタル

野生動物への愛からアーティストに ゴリラ専門画家と虎好きのアクセ作家

デモ

 動物好きが高じて、アーティストとなった2人の女性がいる。ゴリラ専門の画家と、トラ好きのアクセサリー作家。世代もジャンルも違うが、野生動物への愛は同じように深い。   ■ゴリラを描き続けたい 画家・阿部知暁さん    画家の阿部知暁(ちさと)さん(59)=埼玉県春日部市=はゴリ…[ 続きを読む ]

その他|ビジネス|話題|アーティスト,アート,ゴリラ,トラ,野生動物

朝日新聞デジタル

ゆるキャラ、「みやざき犬」はダンスが得意 誕生5周年おめでとう!

デモ

 宮崎県のゆるキャラ・みやざき犬が11日、5周年を迎えた。鳴き声(ワン)にかけて初登場は2011年11月11日。県庁前で約160人と誕生を祝った。  宮崎の旧国名にちなむ「ひぃ」「むぅ」「かぁ」の3匹の特技はダンス。切れのいい動きで、全国のゆるキャラ対象のダンス選手権で2回連続で優勝した。  この…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|エンターテインメント|みやざき犬,ゆるキャラ,ダンス,宮崎県,宮崎県庁

朝日新聞デジタル

ねこ駅長「たま」の足跡、忘れないよ 和歌山電鉄が公立小に本寄贈

デモ

 和歌山電鉄は、去年死んだ「たま名誉永久駅長」の活躍をつづった児童書を、和歌山県内の市町村立小学校計247校(分校含む)に2冊ずつ寄贈することを決め、紀の川市の貴志駅で贈呈式を開いた。  児童書「ねこの駅長たま びんぼう電車を救ったねこ」(角川つばさ文庫)は7月に発売。すでに4回増刷されるなど、全…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|たまⅡ世駅長,たま駅長,ニタマ,和歌山県紀の川市,和歌山電鉄

朝日新聞デジタル

岩合さんの猫写真で年賀はがき 郵便局で11月1日発売

デモ

 日本郵便(株)は11月1日(火)から、全国約8,000の郵便局で「岩合光昭のねこ お年玉付年賀はがき」の販売を始める。 (末尾に写真特集があります)  はがきには、展示会の来場者が累計300万人を突破した大人気の動物写真家・岩合光昭さんによる猫写真がプリントされ、岩合さん手書きの猫スタンプもデザ…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|岩合光昭,年賀はがき,年賀状,猫写真,郵便局

sippo

24ページ中1ページ目を表示