TOP > ビジネス

私は「忍者猫」、茶々だニャン 元は捨て猫、伊賀の里で大変身

デモ

 三重県伊賀市中心部の老舗店で、メスの「忍者猫」が活躍している。真っ白の体に赤いずきんをかぶって「くノ一」に変身し、お客さんに親しまれている。元々は捨て猫で、今春にはきょうだいだったオス猫が事故死した。そんな苦しみにもめげず、愛くるしい顔で店の招き猫になっている。     ■「…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ビジネス|話題|エンターテインメント|三重県伊賀市,忍者猫,捨て猫,猫カフェ,観光客

朝日新聞デジタル

過疎地で地域作り 犬の保護活動も/國田博史さん ピースウィンズ・ジャパン国内事業部長

デモ

■記者から転身 高齢化など地方の課題にとりくむ  国内外で人道支援活動を展開し、今年設立20周年を迎えたNPO法人、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)。その国内事業部長を務める。PWJは今や犬の殺処分ゼロの保護活動でも知られるが、当初は海外の難民支援が主だった。東日本大震災などの国内での災害を機に…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|國田博史,大西健丞,殺処分ゼロ,NPO法人,PWJ

朝日新聞デジタル

第33回 チャリティ自販機が誕生 ドリンク買う人に保護犬活動などアピール

デモ

 広島県神石高原町のピースワンコ・ジャパンの保護施設に隣接する体験型観光パーク「神石高原ティアガルテン」に、先日、ピースワンコのシンボルカラーであるスカイブルーの自動販売機が設置された。お茶やジュースなどを購入すると、売上の一部が殺処分ゼロを目指すピースワンコの活動に寄付される、いわゆる「寄付つき…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|キリンビバックス,チャリティ,殺処分ゼロ,神石高原,自販機

sippo

保護猫とのんびりゆったり 古民家の「猫カフェ」オープン

デモ

 猫たちと触れ合えるカフェ「くつろぎ古民家 まめ猫」が、兵庫県篠山市南新町にオープンした。共同経営者の女性2人は「広い家で猫とゆったりくつろげます」。県によると、「猫カフェ」開業に必要な第一種動物取扱業の登録をした店は丹波地域で初めてという。  経営者は尼崎市の中町結紀さん(53)と大阪市の渡部い…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|保護猫,兵庫県篠山市,古民家,猫カフェ,第一種動物取扱業

朝日新聞デジタル

「絶対かみます」柴犬の龍之介、観光客呼ぶ「招き犬」に 鳥取・摩尼山の名物犬

デモ

 山陰海岸ジオパークめぐりは27日朝、鳥取市内の摩尼山へ。駐車場から摩尼寺の石段へ続く道には山菜料理店などが並ぶ。歩いていると、土産物店の前にかわいらしいシバイヌがいた。小屋のまわりには「かわいい顔してますが実はオソロシイ犬です ぜったいかみます」などという注意書きがいくつもある。これだけ書かれる…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|名物犬,山陰海岸ジオパーク,摩尼山,柴犬,鳥取市

朝日新聞デジタル

タレント猫になりきって、お肌のお手入れ 猫版のアートマスク

デモ

 顔のパックが手軽にできるシートマスクに、様々な顔型や絵がプリントされて、楽しみながら保湿ケアができる“アートマスク”に、タレントにゃんこ版が新登場した。   (末尾にフォトギャラリーがあります)    今回発売した「ピュアスマイル アートマスク」は全部…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|にゃらん,アートマスク,タレント猫,パック,猫グッズ

sippo

猫用の高級ハウスを製造・販売へ 布製と木製、10万円台も 捨て猫拾って猫派になったIT社長

デモ

 ネコに魅せられた桐生市のIT企業経営者が、「最高級のネコ用ハウス」をつくり、近く本格的な販売に踏み切る。織都桐生の美感と技を詰め込んだ布製9種と木工技術の粋を凝らした木製3種。愛猫のため開発したが、そのできばえに自信を深め、「猫好きの方々に使って欲しい」と新会社も立ち上げた。 (末尾にネコ用ハウ…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|家,猫グッズ,猫好き,猫用ハウス,群馬県桐生市

朝日新聞デジタル

看板猫と一杯いかが 新橋の路地裏、猫8匹のいる小料理屋 おやじ・猫女子癒やして15年

デモ

 東京・新橋の烏森神社かいわい。飲み屋がひしめく路地に、猫8匹が出迎えてくれる小料理屋がある。   (末尾にフォトギャラリーがあります)    人も猫も自然と集まる店の魅力はなに?    夜6時。家庭料理と書かれた提灯に明かりがともる。小料理屋「てまり」には、客が1人…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|ライフスタイル|地域猫,小料理屋,新橋,猫と飲める店,看板猫

sippo

ペットコーナーのある朝市は人気「飼い主の情報交換の場」 寺社の朝市に栄枯盛衰 名古屋市

デモ

 地域の寺社で見かける細々と続く朝市。住民の交流の場にもなってきたが、高齢化などで出店数が減っている。一方で無農薬や無添加、手作りにこだわって、新たに朝市を開く動きが広がっている。今時の朝市事情は?  名古屋市千種区の丸山神明社。境内に並ぶのは青果や魚介類などを売る約10店。基本的に毎月末尾に1と…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|ペットコーナー,ワンPAKUN,名古屋市,朝市,犬のおやつ

朝日新聞デジタル

ウサギもくまも田んぼアートに 今年は真田丸+ぐんまちゃん 群馬県 PR・交流に一役

デモ

「田んぼアート」=キーワード=の成長が著しい。色彩は豊かになり、絵柄も年々進化する。群馬県内で本格的に取り組むのは、米どころの高山村と川場村。地元をPRする広告塔として定着し、自治体間交流にも一役買っている。  高山村の道の駅「中山盆地」から見えるのは甲冑(かっちゅう)姿のぐんまちゃんだ。今年はN…[ 続きを読む ]

その他|ビジネス|話題|くまモン,ぐんまちゃん,地域おこし,田んぼアート,群馬県高山村

朝日新聞デジタル

24ページ中4ページ目を表示