TOP > ビジネス

タレント猫になりきって、お肌のお手入れ 猫版のアートマスク

デモ

 顔のパックが手軽にできるシートマスクに、様々な顔型や絵がプリントされて、楽しみながら保湿ケアができる“アートマスク”に、タレントにゃんこ版が新登場した。   (末尾にフォトギャラリーがあります)    今回発売した「ピュアスマイル アートマスク」は全部…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|にゃらん,アートマスク,タレント猫,パック,猫グッズ

sippo

猫用の高級ハウスを製造・販売へ 布製と木製、10万円台も 捨て猫拾って猫派になったIT社長

デモ

 ネコに魅せられた桐生市のIT企業経営者が、「最高級のネコ用ハウス」をつくり、近く本格的な販売に踏み切る。織都桐生の美感と技を詰め込んだ布製9種と木工技術の粋を凝らした木製3種。愛猫のため開発したが、そのできばえに自信を深め、「猫好きの方々に使って欲しい」と新会社も立ち上げた。 (末尾にネコ用ハウ…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|家,猫グッズ,猫好き,猫用ハウス,群馬県桐生市

朝日新聞デジタル

看板猫と一杯いかが 新橋の路地裏、猫8匹のいる小料理屋 おやじ・猫女子癒やして15年

デモ

 東京・新橋の烏森神社かいわい。飲み屋がひしめく路地に、猫8匹が出迎えてくれる小料理屋がある。   (末尾にフォトギャラリーがあります)    人も猫も自然と集まる店の魅力はなに?    夜6時。家庭料理と書かれた提灯に明かりがともる。小料理屋「てまり」には、客が1人…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|ライフスタイル|地域猫,小料理屋,新橋,猫と飲める店,看板猫

sippo

ペットコーナーのある朝市は人気「飼い主の情報交換の場」 寺社の朝市に栄枯盛衰 名古屋市

デモ

 地域の寺社で見かける細々と続く朝市。住民の交流の場にもなってきたが、高齢化などで出店数が減っている。一方で無農薬や無添加、手作りにこだわって、新たに朝市を開く動きが広がっている。今時の朝市事情は?  名古屋市千種区の丸山神明社。境内に並ぶのは青果や魚介類などを売る約10店。基本的に毎月末尾に1と…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|ペットコーナー,ワンPAKUN,名古屋市,朝市,犬のおやつ

朝日新聞デジタル

ウサギもくまも田んぼアートに 今年は真田丸+ぐんまちゃん 群馬県 PR・交流に一役

デモ

「田んぼアート」=キーワード=の成長が著しい。色彩は豊かになり、絵柄も年々進化する。群馬県内で本格的に取り組むのは、米どころの高山村と川場村。地元をPRする広告塔として定着し、自治体間交流にも一役買っている。  高山村の道の駅「中山盆地」から見えるのは甲冑(かっちゅう)姿のぐんまちゃんだ。今年はN…[ 続きを読む ]

その他|ビジネス|話題|くまモン,ぐんまちゃん,地域おこし,田んぼアート,群馬県高山村

朝日新聞デジタル

猫のジェラトーニがやってきた! ディズニーのワゴン、長野へ

デモ

 東京ディズニーシーの人気キャラクター・ジェラトーニを模した「ジェラトーニ・ワゴン」が18日、長野市南千歳1丁目のながの東急百貨店前に1日限定で登場した。記念撮影のため、親子連れらが1時間以上の列を作った。    ジェラトーニは、エメラルド色の目と長い尻尾が特徴のネコ。グッズの販売開始が…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|エンターテインメント|ジェラトーニ,ワゴン,東京ディズニーシー,猫キャラクター,長野市

朝日新聞デジタル

猫の本屋さんオススメの3冊 絵本、終活手帳、癒やし写真…

デモ

  猫ブームの今、様々な「猫本」が続々と発売されている。写真集、絵本から実用書まで、猫専門書店・神保町にゃんこ堂(東京・神保町)のアネカワユウコさんにオススメの猫本について聞いた。   ◆にゃんこ堂おすすめの3冊はこれだ!   (1)「ねこの看護師ラディ」(講談社) …[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|エンターテインメント|コミック,写真集,猫本,神保町にゃんこ堂,絵本

sippo

フクロウ10羽と触れ合えます 福井にカフェ開店 ハート形の顔のメンフクロウなど7種

デモ

 福井市みのり2丁目に、フクロウと触れ合える「ふくろうcafe福井」がオープンした。  店内にいるのは顔がハート形の「メンフクロウ」、木に擬態をする「アフリカオオコノハズク」など7種類のフクロウ計10羽。肩や腕に乗せたり、頭をなでたりすることができる。  店の代表の本明茂人さん(43)が大阪府内に…[ 続きを読む ]

その他|ビジネス|話題|フクロウ,フクロウカフェ,メンフクロウ,福井市,触れあい

朝日新聞デジタル

カフェもフェスも図書館も、おネコ様 東北でも「ネコノミクス」 「もはやブームではなく定着」

デモ

 カフェにフェスに図書館……。いずれも東北でこの夏、「猫」を主役にして話題を呼んでいる。猫による経済効果「ネコノミクス」はどこまで広がるのか。  仙台市宮城野区に4日、1軒の猫カフェがオープンした。店名は「音々猫(ねねねこ)」。仙台駅西口には2軒の競合店があり、東口を選…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|ネコノミクス,東北,猫カフェ,猫トイレ,猫フェス

朝日新聞デジタル

猫の顔やハート形も、花火玉 仕上げ作業に追われる職人たち 静岡・浜松

デモ

 夏の花火大会が真っ盛りとなる中、花火づくりの職人たちも大忙しの日々を送っている。  約120年の歴史を持つ田畑煙火(静岡県浜松市北区)の作業場は今夏用の花火玉がずらりと並び、打ち上がるための火薬をつける最終段階の作業に追われていた。  直径約7センチの2・5号玉から直径約30センチの10号玉まで…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|猫の顔の花火,職人,花火,花火玉,静岡県浜松市

朝日新聞デジタル

25ページ中5ページ目を表示