TOP > 連載・コラム > ぐっちーさんの猫に小判

ぐっちーさんの猫に小判

第6回 「猫に小判」を英語で言うと……豚or猫?

 さて、本連載の題名でもある「猫に小判」。猫に小判を与えても、猫としては何の意味もわからず、分不相応または無駄です、という意味に使われていますね。  これを英語では、  You're buying him a bottle of Scotch whisky! It's casting pearls before swine; he's allergic t…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|教育,海外,英語

sippo

第5回 猫が招く人の健康 「一石二猫」の国家プロジェクトを!

 実は猫は、人間の役にたつにゃ、というお話を続けましょう。  これはアメリカではかなりポピュラーな研究なのですが、こんな( http://spotlight-media.jp/article/106222831355002096 )まとめ記事もあります。  これらはどれも大真面目な研究でありまして、しかも何度も追試調査が実行されており、極めて信頼のできるデ…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|人と動物の関係,保護猫,高齢者

sippo

第4回 オフィスに猫を! 「ワンニャフル」なビジネスアイデア

 そもそもこのコーナーは、アエラで長らく私の連載を担当をしてくれていた太田匡彦君が持ってきた話でして、「猫と経済のかかわりあいについて書いてくれませんか?」という傍若無人な、というか無茶苦茶な依頼内容から始まりました。普通なら断りますが……そこは猫好きの血が騒ぎ、「さすがに毎回は難しいけど、なるべくそうするね」などとあいまいな返…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|人と動物の関係,会社,保護猫

sippo

第3回 この猫、しゃべってるでしょ そう思えばもう、離れられない

 猫は、犬と違って積極的にかかわらなくても、ふとしたことで縁が深まっていく、という話を前回しました。ですから猫と人間、お互いの間の信頼関係だけは、犬とはまた別の形で負けないものが人間との間にいつのまにかできあがっていきます。  だから、猫が亡くなった時は余計つらいのです。  人によってご意見はいろいろでしょうが、犬を亡くした時、ワタクシは「天寿を全うしてく…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|人と動物の関係,出会い,著名人

sippo

第2回 犬は小さな子どもみたい でも猫は(性格悪めの)女性?!

 ところが、です。  つい先日、長女がやってきて、「友だちが猫を拾って、飼い主を探している」というのです。ちょうど連載も始まるし、これはまた何かのきっかけだろうか……と思いつつ、実はいま、かなり悩んでいるところです。  猫というのは不思議なやつで、このようにふとしたことから縁ができる、ということが多いのです。猫を飼われている方に…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|ライフスタイル,出会い,著名人

sippo

第1回 もう一つの「本業」は猫 いつも傍らに「しま」がいた

 このたび連載を始めることになった、「ぐっちーさん」こと山口正洋であります。  私の本業は投資銀行業務と言いまして、まあ、企業の資金調達などのお手伝いや運用、場合によってはM&Aなどという小難しいことをやってきました。そうこうしているうちにブログで経済関係の情報発信をし始め、そうしたところ7年ほど前から金融経済専門のコラムを朝日新聞出版の「AERA」という…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|ペットロス,人と動物の関係,著名人

sippo

1ページ中1ページ目を表示