TOP > 連載・コラム > 猫に関する連載・コラム

猫に関する連載・コラム

126件 1〜10件目

第40回 不幸な子猫を減らすため、ノラ猫にも不妊去勢手術をしてあげて

 €四季がある温帯に住む野生動物の多くは繁殖活動を1年の特定の時期に行います。出産と子育てを気候が温暖で食べ物が豊富な春に行うことで、母子の生存率を高めるため…[ 続きを読む ]

犬の8歳は高齢期、病気に注意 ゆったりとした時間を楽しんで

:飼い犬の顔に、白髪が目につくようになりました。8歳ですが、もうシニアなのでしょうか? :山根 犬や猫も老化します。研究者によって見解はまちまちですが、犬の場…[ 続きを読む ]

第25回 私が東京で犬を飼うなら……「譲渡」を妄想でシミュレーションしてみました

 私の研究テーマの一つに、「保護動物の譲渡を普及させるにはどうしたらいいか」があります。環境省が毎年公表しているデータからも明らかですが、返還・譲渡率は増加し…[ 続きを読む ]

第39回 「こねこ塾」で伝えたいこと② 猫は本来ハンター、かみつかれても「応戦」しないで

 €子猫を1頭だけで室内飼育すると、ほとんど間違いなく飼い主をかむという問題が起きます。猫は根っからのハンターで、動くものを追いかけ捕まえるという習性が強い動…[ 続きを読む ]

病気予防やストレス軽減のために 犬猫を飼うなら不妊・去勢手術を

:子犬を飼い始めました。雌ですが、不妊手術の必要はありますか? :山根 子犬を産ませるつもりがないのであれば、不妊手術はしたほうがいいでしょう。理由は四つあり…[ 続きを読む ]

第38回 「こねこ塾」で伝えたいこと① 猫の習性を理解してハッピーに!

 当院では月1回ぐらいの頻度で子猫の飼い主さんを対象に猫の飼い方講座(こねこ塾)を行っています。講座の内容は下記の通りで、これらのテーマを4回に分けてお話しし…[ 続きを読む ]

第16回 不十分な業者規制 動かない行政

 栃木県矢板市内の「犬の引き取り屋」が、一部テレビでも報道されたことで大きな話題になっている。繁殖能力が衰えたために繁殖業者から「不要」の烙印(らくいん)を押…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.17

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている…[ 続きを読む ]

第35回 ふるさと納税を活用して資金調達めざす 「犬の殺処分ゼロ」を全国へ

 広島県で犬の「殺処分ゼロ」を実現するため、すべての処分対象犬の引き取りを4月に始めてから、半年が過ぎた。この間、広島県神石高原町にあるピースワンコ・ジャパン…[ 続きを読む ]

第59回 保護犬が歩き回る川崎市の動物愛護センターに感動 浅田美代子さん

 9月25日の日曜日、小田急線の新百合ケ丘駅前にある川崎市の麻生市民館などを使って行われた「動物愛護フェアかわさき2016」に「エンジン01文化戦略会議」の動…[ 続きを読む ]

13ページ中1ページ目を表示