TOP > 健康 > 犬と健康に関する記事

犬と健康に関する記事

238件 1〜10件目

第42回 「こねこ塾」で伝えたいこと③ 猫の「社会化」は生後2カ月ぐらいまでが勝負!

 動物が仲良く暮らすためのコミュニケーション能力を身につける過程を社会化と言います。社会化は動物の脳組織の発達期に効果的に行われ、社会化に適した時期を社会化期…[ 続きを読む ]

筋肉の病気は治りにくい 柴犬の筋肉を学ぶ④

マッチョな人が好き、筋肉に惚れ惚れしちゃう……ってな人も意外と多いようだが、愛犬の筋肉について意識したことはあるだろうか。犬の筋肉…[ 続きを読む ]

筋肉の成長ピークは1歳 柴犬の筋肉を学ぶ③

マッチョな人が好き、筋肉に惚れ惚れしちゃう……ってな人も意外と多いようだが、愛犬の筋肉について意識したことはあるだろうか。犬の筋肉…[ 続きを読む ]

愛情を注げば注ぐほど応えてくれる 保護犬との暮らし

 保護犬は、飼うのが大変、子犬にくらべていっしょに過ごせる時間が少ないなど、ネガティブな印象をもたれやすい。しかし、これをマイナスにとらえるかどうかは飼い主次…[ 続きを読む ]

犬の筋肉の役割は7つ! 柴犬の筋肉を学ぶ②

マッチョな人が好き、筋肉に惚れ惚れしちゃう……ってな人も意外と多いようだが、愛犬の筋肉について意識したことはあるだろうか。犬の筋肉…[ 続きを読む ]

筋肉質かどうかは生まれた時に決まる?! 柴犬の筋肉を学ぶ①

マッチョな人が好き、筋肉に惚れ惚れしちゃう……ってな人も意外と多いようだが、愛犬の筋肉について意識したことはあるだろうか。犬の筋肉…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.19

 あけましておめでとうございます!集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし! …[ 続きを読む ]

フレンチブルドッグの病気の考え方 8つの身体のつながり

 パティ動物病院がフレンチブルドッグの病気を治す上で心がけているのが、「身体全体」のつながり。例えば、耳の病気を放置しておくと、顔が傾いたり、脳に炎症が起こる…[ 続きを読む ]

犬猫の死因1位はがん 想像以上に進行が速いことも

:犬の死因の第1位はがんだと聞きました。 :山根 悪性腫瘍(しゅよう)のことをがんと呼びます。犬も猫も年をとるに従って発生する可能性が高まり、10歳を超えた犬…[ 続きを読む ]

フレンチブルの苦しそうな鼻呼吸 手術で改善する?!

フレンチブルドッグの来院患者が多い動物病院に聞いた 鼻腔狭窄症と病気を考える上で欠かせない身体のつながり  東京都文京区にある「パティ動物病院」は、短頭種の病…[ 続きを読む ]

24ページ中1ページ目を表示