TOP > 愛しき「妹」! TKO・木下隆行さんが愛犬ポコと「代々木公園」へおでかけ

おでかけ特集

sippo・Powered by トヨタマーケティングジャパン・sippo|更新|2017/02/20

愛しき「妹」! TKO・木下隆行さんが愛犬ポコと「代々木公園」へおでかけ

休日はクルマで色々なドッグラン巡りをしているという木下さんとポコ
休日はクルマで色々なドッグラン巡りをしているという木下さんとポコ

 お笑い芸人の木下隆行さんが愛してやまないのが、一緒に暮らし始めて3年目になるフレンチブルドッグの女の子・ポコ。休みの日には、ポコのために関東近郊のドッグランを調べて、クルマででかけることも多いそうです。そんな木下さんが、都内最大級のドッグランがある「代々木公園」へポコと一緒におでかけをしました。

 

豊かな緑に囲まれた都会のオアシス

 

ゆっくり過ごせる代々木公園は定期的に訪れるお気に入りのスポット
ゆっくり過ごせる代々木公園は定期的に訪れるお気に入りのスポット

 明治神宮に隣接する代々木公園には、テニスコート約14面分もの広大なドッグランがあります。緑豊かな木々に囲まれ、四季を感じながら犬と遊べる恵まれた環境に、休日はもちろん、平日でも多くの愛犬家が訪れます。犬の体格別に3つのエリアに区分けされていて、木下さんとポコは体重12kgまでの「小・中型犬用エリア」へ。さっそくポコが元気に駆け出しました。

 

 「ポコはまったく人見知りをしないんです。ドッグランに1時間いたとしたら、50分くらいは他の犬や人のところに行って遊んでますね。僕はベンチでぼーっとそんな様子を眺めてて、たまにのどが渇いたら僕のところに戻ってくる。ちょっと寂しいですよね(笑)」

 

つぶらな瞳がとてもキュート
つぶらな瞳がとてもキュート

 とは言いつつも、木下さんとポコは相思相愛。実はポコは生まれつき耳が聞こえないのですが、木下さんが手で合図をして呼べば、しっかり戻ってきますし、「待て」や「お座り」もばっちり。末っ子の木下さんにとって、ポコは守るべき大切な「妹」。「今ではポコを中心に僕の行動が決まります。ポコのご飯をあげるために朝早く起きるようになりましたし、休みの日はしょっちゅうポコとドライブしています」

 

 

愛犬とのドライブに、色々なグッズや機能が嬉しい。

 

初めてのペットキャリーでも落ち着いているポコ
初めてのペットキャリーでも落ち着いているポコ

 そんな木下さんが最近欲しいと思っているのが「ペットキャリー」。ドライブ中でもより安全にポコを乗せてあげたいと考えていたそうで、「これがあれば安心ですよね」と興味津々。
 子どものころは基地を作って遊んでいたという木下さんにとって、クルマは「動く基地」。自在にシートアレンジができ、自分だけの基地のごとく空間を演出できるのが魅力とのこと。シートアレンジにより、荷室スペースを広く確保すれば、ゴルフバッグや自転車なども運べ、フロントシートとリヤシートをつなげて倒せば、全身を伸ばせてくつろげるリクライニングにもなります。
 「クルマの中で寝転がりたい時もあるのでうれしいですよね。カップホルダーやトレイ、ボックスなど小物なんかの収納スペースも多くて、ポコとのドライブが一層快適になりそうです」

 

イヌにやさしいカー用品について 詳しくはこちらから

 

妹・ポコとの未来への日記

 

代々木公園近くには愛犬と入れるお洒落なカフェもたくさん。取材協力:「anea café参宮橋店」
代々木公園近くには愛犬と入れるお洒落なカフェもたくさん。取材協力:「anea café参宮橋店」

 広々とした代々木公園ドッグランで遊び回り、リフレッシュした様子のポコを見つめながら、これからもいろんな場所へ一緒にでかけたいという木下さん。インスタグラムには、数え切れないほどたくさんのポコの写真が投稿されています。

 

 「限りある時間の中で、本当は一日でも多くポコと遊んでいたいんです。そして、僕の子どもやその次の世代にも、ポコという存在、僕の「妹」がいたということをしっかり残しておきたいなと思うんです」

 

 そのために、ポコとの大切な思い出の一つひとつを写真で記録しています。いろんな人からポコと似ていると言ってもらえるのが何よりうれしいと語る木下さん。優しくほほ笑むその顔は、愛らしいポコの表情とやっぱり似ていました。

 


 木下隆行(きのした・たかゆき)

 1972年、大阪府生まれ。お笑い芸人。91年木本武宏さんとお笑いコンビ「TKO」を結成。94年に朝日放送「新人グランプリ」新人賞を受賞。テレビやラジオでレギュラー出演多数。ドラマや映画にも出演し、幅広くメディアで活躍。

 


 代々木公園

 


 都立代々木公園には、中央広場の北側、フラワーランド横に広さ約3620㎡ものドッグランがあります。利用には登録が必要なので注意してください。24時間営業の駐車場もありますので、愛犬と車で訪れる時に便利です。

住所 〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町2−1
電話 03-3469-6081 (受付時間 8:30~17:15)
登録制 登録は代々木公園サービスセンター窓口にて。犬鑑札及び、市区町村が発行した当該年度の狂犬病予防注射済票の現物(コピー、写真等不可)が必要
アクセス JR原宿駅又は千代田線明治神宮前駅、明治神宮方面出口より徒歩7分。千代田線代々木公園駅又は小田急線代々木八幡駅、徒歩5分 http://yoyogidogrun.net/

 


 TOYOTA「ルーミー カスタムG-T」

 


 コンパクトなのに、使い勝手満点。暮らしの様々なシーンに応える多彩なシートアレンジで、車内空間を広々快適に。乗る人の使い勝手を考慮して収納も多数。リヤシートをダイブイン(格納)して、防汚シート *1 を広げれば、愛犬の抜け毛や汚れも簡単にふき取れます。新開発「1.0L 1KR-VET VVT-i *2 ターボエンジン」は、走りの楽しさと低燃費を両立。衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ) *3 搭載で運転中のヒヤリにも備えます。

 

ルーミー車種情報はこちらから。

 

*1 多機能デッキボード(防汚シート付) スペアタイヤを選択した場合、多機能デッキボードの防汚シートは非装備となり、床下のデッキボックスは小型となります。
*2 VVT-i[連続可変バルブタイミング機構]:Variable Valve Timing-intelligent
*3 衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)はカスタムG-T、カスタムG“S”、G-T、G“S”、X“S”に標準装備。

 

衝突回避支援システム(スマートアシストⅡ)について詳しくはこちら

 

愛しき「妹」! TKO・木下隆行さんが愛犬ポコと「代々木公園」へおでかけ
前へ
二人の表情は本当にそっくり
次へ
出典:sippo
1/13
前へ
次へ
イヌと人のカーライフを考える

イヌと人のカーライフを考える

トヨタドッグサークルでは、ウェブサイトを中心に情報発信をしています。「イヌにやさしい車選び」や「カーライフにまつわる素朴な疑問&回答」はもちろんのこと、獣医師やドッグトレーナーに取材してまとめた、しつけ方法やイヌの病気・健康管理法など幅広い情報を取り扱っています。 ぜひ一度アクセスしてください。facebookページも公開中。

トヨタドッグサークル公式ページはこちら

おでかけ特集の記事