TOP > 検索結果

“ボランティア”検索結果

46件 1〜10件目

共に創るステージ 障害者と健常者、盲導犬も舞台に!

 障害者と健常者や、大人と子どもの垣根を越えて共に創る舞台が上演される。劇団「は~とふる♥はんど」の公演「ありがとう、またね…」は健常者と障害者、盲導犬が舞台に立つ。東京…[ 続きを読む ]

もか吉グッズ、収益の一部を寄付 保護犬猫の支援に

 和歌山市で防犯パトロールなどに取り組んでいるボランティア犬「もか吉(きち)」や飼い主の吉増江梨子さん(36)らで作る「チームもか」が14日、和歌山市保健所にチャリティーグッズ販売などの収益の一部を…[ 続きを読む ]

たくさんの善意で育つ盲導犬 一般家庭の「パピーウォーカー」とは? 東日本盲導犬協会

 視覚障害者の歩行を助ける盲導犬は、全国で約1千頭が活躍する。一方で、盲導犬との歩行を希望する視覚障害者は約3千人と言われ、数が圧倒的に足りない。宇都宮市の東日本盲導犬協会は盲導犬を無償貸与するため…[ 続きを読む ]

おしえて!しっぽ情報局 vol.20

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている斉藤先生の、本誌では読めないエピソードは…[ 続きを読む ]

パトロール犬「もか吉」「かふぇ」、グッズ販売に奮闘 保護犬・猫の支援も

 和歌山市で防犯パトロールなどをしているボランティア犬「もか吉(きち)」(オス、5歳)と、一緒に暮らす「かふぇ」(オス、1歳)のチャリティーグッズの販売会が13日、JR紀三井寺駅近くのベーカリー「庭…[ 続きを読む ]

第8回 大好きな犬とのふれあい 病とたたかう子どもたちの「生きる力」に

 東京・中央区にある聖路加国際病院の小児病棟には、月に二回、犬たちがやってくる。公益社団法人動物病院協会(JAHA)のCAPP活動( ※第6回コラム参照 )に参加するセラピー犬とボランティアのチーム…[ 続きを読む ]

写真展での募金など約21万円、sippoから保護団体に寄付

 sippoは11月30日、特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」で行った募金と、缶バッジ販売の収益など計21万2325円を公益社団法人「アニマル・ドネーション」(東京)に寄付しました。アニマル・ドネ…[ 続きを読む ]

第37回 アパレル収益で野良犬と人を橋渡し スリランカの「情熱部長」オタラさん

 先週末までスリランカに出張していた。主な目的は、災害支援のためにアジア太平洋地域のNGOや経済団体などと協力して設立した国際機関の会合に出ることだったが、その合間に、スリランカの犬事情を垣間見る機…[ 続きを読む ]

山本仁美さん 子育てしながら猫の保護活動20年 譲渡拠点「なないろしっぽ」を運営

■小さな命と縁つないで  昨秋、保護猫の譲渡活動拠点「えんむすびスペース なないろしっぽ」を岡山市南区新保に開いた。猫カフェ形式で、小さな命と飼いたい人の縁をつなぐ空間である。  訪ねてみた。  い…[ 続きを読む ]

保健所から助けられた雑種犬なつお 家族に全力で愛されて今は幸せ!

 小さい頃、保健所に入れられた。危ないところをボランティアさんに助けられたんだ。転々として、やっと落ち着ける場所が見つかった。全力で愛されて今は幸せ。家族には俺がいないとダメなんだな。 (東京都練馬…[ 続きを読む ]

5ページ中1ページ目を表示