TOP > 検索結果

“ボランティア”検索結果

41件 1〜10件目

第8回 大好きな犬とのふれあい 病とたたかう子どもたちの「生きる力」に

 東京・中央区にある聖路加国際病院の小児病棟には、月に二回、犬たちがやってくる。公益社団法人動物病院協会(JAHA)のCAPP活動( ※第6回コラム参照 )に参加するセラピー犬とボランティアのチーム…[ 続きを読む ]

写真展での募金など約21万円、sippoから保護団体に寄付

 sippoは11月30日、特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」で行った募金と、缶バッジ販売の収益など計21万2325円を公益社団法人「アニマル・ドネーション」(東京)に寄付しました。アニマル・ドネ…[ 続きを読む ]

第37回 アパレル収益で野良犬と人を橋渡し スリランカの「情熱部長」オタラさん

 先週末までスリランカに出張していた。主な目的は、災害支援のためにアジア太平洋地域のNGOや経済団体などと協力して設立した国際機関の会合に出ることだったが、その合間に、スリランカの犬事情を垣間見る機…[ 続きを読む ]

山本仁美さん 子育てしながら猫の保護活動20年 譲渡拠点「なないろしっぽ」を運営

■小さな命と縁つないで  昨秋、保護猫の譲渡活動拠点「えんむすびスペース なないろしっぽ」を岡山市南区新保に開いた。猫カフェ形式で、小さな命と飼いたい人の縁をつなぐ空間である。  訪ねてみた。  い…[ 続きを読む ]

保健所から助けられた雑種犬なつお 家族に全力で愛されて今は幸せ!

 小さい頃、保健所に入れられた。危ないところをボランティアさんに助けられたんだ。転々として、やっと落ち着ける場所が見つかった。全力で愛されて今は幸せ。家族には俺がいないとダメなんだな。 (東京都練馬…[ 続きを読む ]

(隣にいるよ:4) 盲導犬はこんなふうに知らせてくれる 「育てる会」事務局長 「手助けも必要」

■ポスターで届ける山橋さんの思い  盲導犬は、立ち止まることで、曲がり角や段差の存在を知らせる。道に張り出した木の枝など障害物を避け、エスカレーターにも乗れる。上りの階段では、1段目に前脚をかけて止…[ 続きを読む ]

事故で足2本切断、2日間治療受けられず それでも懸命に生きる柴犬の物語

 保護犬の柴犬“すみれちゃん”が、事故で2本の足を失いながら、ボランティアに支えられて懸命に生きる姿を追った書籍「二本あしのワンコ すみれちゃん、生きる」が出版された。 …[ 続きを読む ]

猫の殺処分ゼロ、5年連続で実現 東京・千代田区とボランティアが連携して譲渡会

 飼い主のいない猫の殺処分ゼロを、東京都千代田区と一般社団法人「ちよだニャンとなる会」が全国に先駆けて2011年度から5年連続で実現している。区とボランティアの連携が、猫を殺処分から救っている。  …[ 続きを読む ]

「猫を虐待しないで!」 背中に粘着物? 千葉の海浜公園で被害続く

 千葉市美浜区の稲毛海浜公園でネコが粘着性の物質をかけられる被害が相次いでいる。    公園を管理する事務所が把握しているだけでも今年3~7月で計4件起きた。切り傷のあるネコもいた。公園で…[ 続きを読む ]

警備犬も出動 災害に備え700人が救助訓練 東京・江戸川

 警視庁は14日、東京都江戸川区の江戸川河川敷で、地震や台風に備えた災害救助訓練を実施した。東京消防庁や陸上自衛隊、海上保安庁の職員のほか、小学生や学生ボランティアら計約700人が参加した。  直下…[ 続きを読む ]

5ページ中1ページ目を表示