TOP > 検索結果

“動物愛護法”検索結果

66件 1〜10件目

犬・猫つめ込み飼育、規制へ 環境省が検討会を立ち上げ予定 ペット業界は警戒

 犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示する繁殖業者やペットショップが問題となっているため、環境省は今年度中にも専門家らによる検討会を立ち上げる。ケージの大きさなどを具体的な数値で規制する「飼養施設規制」の…[ 続きを読む ]

第16回 不十分な業者規制 動かない行政

 栃木県矢板市内の「犬の引き取り屋」が、一部テレビでも報道されたことで大きな話題になっている。繁殖能力が衰えたために繁殖業者から「不要」の烙印(らくいん)を押された犬猫たち、ペットショップで売れ残り…[ 続きを読む ]

動物の心や状況を知って理解を深めよう おすすめ本の紹介

 地球生物会議(ALIVE)が制作・発行している会報『ALIVE』には「本の紹介コーナー」があり、主に動物や環境について書かれた本や映像などを取り上げ、書評を添えてご紹介しています。本稿では、著者の…[ 続きを読む ]

動物実験基本指針の策定及び運用状況に関する質問主意書からわかること

 動物実験の3Rの原則(代替・削減・苦痛の軽減)について、その理念が法律に盛り込まれた改正動物愛護法の施行から、今年でちょうど10年が経ちました。また施行と同時に文部科学省・厚生労働省・農林水産庁の…[ 続きを読む ]

第15回 店では「運動量に限り」飼養施設規制の導入を

「ペットショップではペットをゲージ内で飼育保管しており、ゲージ内での運動量に限りがあるため、被告従業員らが本件猫の呼吸促迫や喘鳴(ぜんめい)に気付かなかったとしても不思議ではない」(原文ママ)  5…[ 続きを読む ]

対談 吉田眞澄弁護士×新美育文明大教授 「働く猫」の労働時間が伸びた意味

「猫カフェ」が恒久的に午後10時まで営業できるよう、環境省は動物愛護法の施行規則などを改正した。だが「働く猫」の労働時間延長については、猫本来の習性や改正の根拠とされる調査の妥当性を巡り、疑義も呈さ…[ 続きを読む ]

吉田眞澄弁護士が寄稿 「猫カフェ」夜間営業の是非

筆者/ペット法学会副理事長・元帯広畜産大学副学長 吉田眞澄 猫ブームと猫カフェ  空前の猫ブームの中、顧客が猫と触れあえる「猫カフェ」が注目され、メディアでも頻繁に取り上げられている。動物取扱業の中…[ 続きを読む ]

最終回 真に動物のための法律づくり 言葉話せぬ動物の立場になって

 ペットショップなどの業者は、午後8時以降に犬猫を展示することが禁止されています。それまで都心には24時間営業のショップもあったところ、2012年、動物愛護法の施行規則改正により規制が導入されました…[ 続きを読む ]

第14回 人とペットの「共生」とは札幌市条例に見る光明

 人と動物の共生する社会を実現しよう――。  2013年9月に施行された改正動物愛護法の第1条(目的)に、「(この法律は)人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする」という文言が新たに加わっ…[ 続きを読む ]

猫カフェは夜10時までOK? 夜営業はストレスあり?なし? 「猫は夜行性」は誤り?

 猫とふれあいながら飲食できる猫カフェの営業時間を巡り論争が起きている。動物愛護法に基づく規則では、犬や猫を店などに展示できるのは夜は午後8時までだが、今年5月末までの経過措置で午後10時まで認めて…[ 続きを読む ]

7ページ中1ページ目を表示