TOP > 検索結果

“殺処分ゼロ”検索結果

54件 1〜10件目

神奈川県動物保護センター、建て替えのための寄付が集まらず 「県費を使うことも検討」と知事が方針転換?

 神奈川県動物保護センター(平塚市)の建て替えにかかる建設費11億円を寄付で賄うとしていた黒岩祐治知事が、開会中の県議会で「県費充当も検討したい」と発言し、これまでの説明を覆した。県議からは「県費で…[ 続きを読む ]

第41回 殺処分ゼロめざし、同じ志の団体を応援します! 推進助成事業を発表

 犬猫の殺処分ゼロを広島から全国へ広げるために、私たちが重要なポイントと考えるのが、志を同じくする各地の団体との連携である。2020年までに日本で殺処分ゼロを実現するという目標を昨年打ち出した際にも…[ 続きを読む ]

札幌の殺処分ゼロ、3年 大学や民間団体とも協力、譲渡へのとりくみ続く

 札幌市による犬の殺処分がゼロになってから、今月で丸3年を迎えた。政令指定市の中でも先例的な取り組みの継続は、民間との連携や市民の動物に対する意識が支えとなりそうだ。  札幌市動物管理センターによる…[ 続きを読む ]

第40回 全国から殺処分をなくしたい! 共感と支援の輪広げ、今年も全力投球

 広島県神石高原町は、積雪もなく、比較的暖かい2017年の正月を迎えた。ピースワンコ・ジャパンの施設では、約900頭の保護犬たちがスタッフと一緒に年を越した。  一年前の今ごろは、施設で保護する犬は…[ 続きを読む ]

動物愛護センター名「あすまいる」に決定 犬猫キャラ名は「き~ぼう」と「つむぎちゃん」

 5月にオープン予定の「三重県動物愛護推進センター」の施設の愛称が、「あすまいる」に決まった。また、犬と猫をモチーフにしたマスコットキャラクターの名称は、それぞれ「き~ぼう」と「つむぎちゃん」に決定…[ 続きを読む ]

「ふるさと納税」で犬の殺処分ゼロ 名古屋の動物愛護センター、寄付金を治療費やえさ代に

 ふるさと納税制度を活用して、引き取り手のない犬の「殺処分ゼロ」を目指せ――。名古屋市が今年度、市動物愛護センター(千種区)に収容されて新たな飼い主を待つ犬のえさ代などを、ふるさと納税による寄付金で…[ 続きを読む ]

犬や猫は家族と同じ! 殺処分ゼロめざす条例案を可決 茨城県議会

 茨城県議会は最終日の22日、「県犬猫殺処分ゼロを目指す条例」案を全会一致で可決した。最大会派「いばらき自民党」が中心となり、他の主要会派と共同提案した。茨城県は犬の殺処分数が全国的にみても多い。罰…[ 続きを読む ]

犬の殺処分ゼロめざして東京にも譲渡拠点 NPO法人「PWJ」、広島・藤沢に次いで世田谷に

 飼い主のいない犬の殺処分ゼロに取り組む認定NPO法人「ピースウィンズ・ジャパン」(PWJ、大西健丞代表理事)は20日、保護した犬の飼い主を探す拠点「ピースワンコ・ジャパン世田谷譲渡センター」を東京…[ 続きを読む ]

「犬猫の殺処分ゼロめざします」 金沢市長が答弁 動物愛護事業を展開へ

 金沢市の山野之義市長は13日、市議会一般質問で動物愛護施策について問われ「引き取った動物を救命し、適正な譲渡につなげ、犬や猫などの殺処分ゼロのまちをめざす」と述べた。  市では殺処分を減らすため、…[ 続きを読む ]

第39回 東京・世田谷にも保護犬譲渡センター、まもなくオープン! 新たな家族、見つける拠点に

 広島県の動物愛護センターからピースワンコ・ジャパンの保護施設に入ってくる犬の数が、このところ急増している。毎週火曜にスタッフが引き取りに出向いているが、11月は計67頭、さらに12月は前半の2週だ…[ 続きを読む ]

6ページ中1ページ目を表示