TOP > 検索結果

“社会化”検索結果

12件 1〜10件目

第42回 「こねこ塾」で伝えたいこと③ 猫の「社会化」は生後2カ月ぐらいまでが勝負!

 動物が仲良く暮らすためのコミュニケーション能力を身につける過程を社会化と言います。社会化は動物の脳組織の発達期に効果的に行われ、社会化に適した時期を社会化期と呼びます。社会化期は動物種によって異な…[ 続きを読む ]

愛犬とお出かけやイベントを楽しむには、子犬時代のふれあいや経験が大切!

 年末年始はクリスマスやお正月など楽しいイベントが盛りだくさんな期間です。普段会わない親戚や友人に久しぶりに出会う機会も多いでしょう。犬にとっても飼い主さんとの外出や新しい出会いはとても楽しい時間と…[ 続きを読む ]

長く幸せに暮らすために飼い主ができること②

動物行動学の専門家・村田香織さんに学ぶ ペットと暮らすことで、人は大きな幸せを得ることができる。では人は、「家族」となった 犬や猫を、どれだけ幸せにできるのか。長く幸せに、ともに暮らしていくために。…[ 続きを読む ]

犬で人が育つ 人社会で受け入れられることの大切さ

 愛犬は家族の一員です!と胸を張って言えますか? 家族の一員であるなら、愛情持って、人社会に受け入れられるように育て、暮らすことは必須。「しつけ」とは社会の中で皆に受け入れてもらうための教えでもある…[ 続きを読む ]

第28回 避難、入院……子犬や子猫が環境変化に対応できるように教育を

 今やペットは家族の一員と考えられるようになったばかりか、我が子同様に考える人も少なくありません。実際に犬の知能は人の2歳児ぐらいに匹敵するであろうとも言われており、特に人とのコミュニケーションにお…[ 続きを読む ]

第52回 気弱だった保護犬が少しずつ変化 進歩知る喜び

 保護犬のハンターが我が家にやってきて1年4カ月が経とうとしています。  リビングの外周をかなりのスピードで周り続けることをしなくなったり、弱々しい声から立派な鳴き声に変わったり。尻尾が下がってしま…[ 続きを読む ]

第21回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その8

 猫は単独で縄張りを持つヤマネコと共通の祖先を持ち、犬や人に比べると社会性が低いとされています。しかし、子猫の時期から適切にふれあいの機会を持てば、猫はもちろんのこと、人や犬などの異種動物とも仲良く…[ 続きを読む ]

第21回 1歳未満の子犬は、自分のコントロールができない存在

「子犬」や「幼犬」とは、だいたい1歳になるまでの犬のことを指します。成長はまだまだこれからという年齢のため、自分では体調をコントロールできなかったり、様々な判断能力に欠けていたりする状態と言えます。…[ 続きを読む ]

第36回 自由奔放、犬らしい犬 ココ

 たぶん、この連載でいちばん登場回数が少ないのは〝次女〟のココだと思います。 〝長女〟ピンと同じ、沖縄県の「ハウスドッグ」さんで、〝Sパパ〟さんと呼ばれるブリーダーさんの元で誕生したのがココ。Sパパ…[ 続きを読む ]

犬で人が育つ 犬育てと子育て

 我が家には2才の息子と10才のシェパードと7才のスタンダードプードルがいます。犬育てと子育てについて考えてみたいと思います。  子どもや犬を育てる上で、大きな違いは「自立(独り立ち)」するか否かの…[ 続きを読む ]

2ページ中1ページ目を表示