TOP > 検索結果

“繁殖業者”検索結果

6件 1〜6件目

仕入れ値高騰、続く猫ブーム 遺伝性の病、広がりに懸念

 申(さる)年が去り、酉(とり)年に。猫年はやってこないけれど、猫ブームは続き、ペットショップでの販売数が増えている。一方で、猫の遺伝性の疾患も広がるのではないかと心配されているらしい。なぜ?  猫…[ 続きを読む ]

犬・猫つめ込み飼育、規制へ 環境省が検討会を立ち上げ予定 ペット業界は警戒

 犬や猫を劣悪な環境で飼育・展示する繁殖業者やペットショップが問題となっているため、環境省は今年度中にも専門家らによる検討会を立ち上げる。ケージの大きさなどを具体的な数値で規制する「飼養施設規制」の…[ 続きを読む ]

「ウルフドッグ」に襲われ女性死亡、飼って大丈夫?

 オオカミと犬を掛け合わせた大型犬「ウルフドッグ」。野性的な外見がファンを引きつけるが、北海道ではブリーダーの女性が襲われて死亡した。種が異なるのに交配された動物は、習性がつかみにくく危険性もはらむ…[ 続きを読む ]

年2万匹死ぬ流通の闇 犬猫の国内流通量が初めて判明

年間約75万匹が流通し、2万3千匹余りが死亡。ペット流通の「実数」が、朝日新聞とAERAによる全国112自治体への調査で初めてわかった。    猫の保護活動をしている男性がその住宅を訪ねる…[ 続きを読む ]

第3回 犬の大量遺棄事件から考える 生体小売業というビジネス

「パピーミル(子犬繁殖工場)」と呼ばれる繁殖業者をいくつか取材したことがある。  取材したなかで最も大規模な「工場」は中部地方のものだったと思う。そのパピーミルは、最寄りのインターチェンジからでも車…[ 続きを読む ]

犬の大量遺棄事件が相次ぐわけ

全国で相次ぐ犬の大量遺棄事件。 だが「事件」は氷山の一角にすぎず、いまに始まったことでもない。 犬を殺し続けなければ成り立たないビジネスが、日本にはあるのだ。   子を産ませる道具として …[ 続きを読む ]

1ページ中1ページ目を表示