TOP > 検索結果

“青森市”検索結果

6件 1〜6件目

第二の「わさお」を探せ! ふさふさロン毛の秋田犬が集まり「ぶさカワ」コンテスト

「ブサかわ犬」として全国で有名な秋田犬「わさお」にあやかり、秋田犬の長毛種だけが出場する「わさお大賞コンテスト」が16日、青森市内で開かれた。県内外から集まった10匹が芸を披露したり、逃げ出そうとし…[ 続きを読む ]

人間不信を乗り越え 捨て犬の7匹 警察犬や災害救助犬めざして訓練中

 かつて飼い主に捨てられた過去を持つ犬たちが、人助けができる警察犬や災害救助犬になることを目指している。青森市浪岡にあるNPO法人「北東北捜索犬チーム」では、動物愛護センターから引き取られるなどした…[ 続きを読む ]

警察犬28頭合格 行方不明者ら捜索で活躍 シーズーやラブなど審査会に参加、青森県警

 警察犬の審査会が15日、青森市新城の県警察学校であり、シェパードやラブラドルレトリバーのほか、雑種、シーズーなど43頭が参加した。  青森県警の警察犬は普段は一般家庭で飼われ、要請があれば出動する…[ 続きを読む ]

盲導犬のお仕事知ろう、青森の小学校で体験授業 「犬がいれば好きな時にどこへでも行ける」

 盲導犬や目の不自由な人のことを知ってもらおうと、日本盲導犬協会などが25日、青森市立橋本小で体験授業をした。全校児童42人が、実際の盲導犬と触れ合いながら、仕事内容などについて学んだ。  同協会仙…[ 続きを読む ]

奈良美智作「あおもり犬」春の目覚め 青森県立美術館

 青森市安田の青森県立美術館で13日、弘前市出身の奈良美智さんの作品「あおもり犬(けん)」(高さ約8・5メートル)の洗浄作業があった。    屋外に展示されている「あおもり犬」は、雨や雪などで汚れる…[ 続きを読む ]

「青森の犬猫を救え」17年で譲渡累計3千件超 譲渡会の多くは猫

 身寄りのない犬や猫の新しい飼い主を探す「ワン・ニャンを愛する会」(青森市)の活動が3月で丸17年を迎え、譲渡した累計件数は3千件を超えた。年間の譲渡件数に減る気配はないが、代表の敦賀秀男さん(64…[ 続きを読む ]

1ページ中1ページ目を表示