TOP > 検索結果

“8週齢規制”検索結果

13件 1〜10件目

長く幸せに暮らすために飼い主ができること①

動物行動学の専門家・村田香織さんに学ぶ ペットと暮らすことで、人は大きな幸せを得ることができる。では人は、「家族」となった 犬や猫を、どれだけ幸せにできるのか。長く幸せに、ともに暮らしていくために。…[ 続きを読む ]

吉田眞澄弁護士が寄稿 「猫カフェ」夜間営業の是非

筆者/ペット法学会副理事長・元帯広畜産大学副学長 吉田眞澄 猫ブームと猫カフェ  空前の猫ブームの中、顧客が猫と触れあえる「猫カフェ」が注目され、メディアでも頻繁に取り上げられている。動物取扱業の中…[ 続きを読む ]

第14回 人とペットの「共生」とは札幌市条例に見る光明

 人と動物の共生する社会を実現しよう――。  2013年9月に施行された改正動物愛護法の第1条(目的)に、「(この法律は)人と動物の共生する社会の実現を図ることを目的とする」という文言が新たに加わっ…[ 続きを読む ]

第49回 「すべての犬や猫を救いたい」 それが出来ていない「現実」

 Facebookをわりと熱心にやり始めてから2年程が経ったでしょうか。先日、私の投稿を見てくれている知人から、「犬のことが多いよね?」という指摘を受けました。    確かにそのとおりです…[ 続きを読む ]

第48回 後悔から救ってくれた山田あかね監督の言葉

「エンジン01文化戦略会議」の会員で、同じ「動物愛護委員会」のメンバーでもある和田裕美さんのお誘いで、目黒にある犬同伴OKの一軒家イタリアン「リストランテ小林」に行かせていただきました。  うちはミ…[ 続きを読む ]

第45回 生後8週間以内に親からひき離された子犬は弱くなる

 2月19日に行われた「札幌市動愛条例の『幼い犬猫守る条項』を応援する緊急院内集会」に出席させていただきました。  集会の模様はさまざまなメディアで取り上げられたのでここでは割愛させていただきますが…[ 続きを読む ]

札幌市動愛条例の『幼い犬猫守る条項』を応援する緊急院内集会報告

 2月19日(金)に衆議院第二議員会館で「札幌市動愛条例の『幼い犬猫守る条項』を応援する緊急院内集会」が開催され、少しではありますがお手伝いをしてきました。  現在開会中の札幌市議会で成立予定の新条…[ 続きを読む ]

札幌市の「8週齢規制」条例案を応援 国会議員、有識者ら140人が集会

 札幌市が全国で初めて、生後8週間までは親と子を一緒に飼育することをすべての飼い主の努力義務とする条例の制定を目指していることを受けて、2月19日、衆議院第2議員会館で「札幌市動愛条例の『幼い犬猫守…[ 続きを読む ]

生後8週まで犬猫は親元に 札幌市「飼い主の努力義務」全国初の条例化へ

   幼い子犬や子猫の適切な社会化を促すため、札幌市は、生後8週間までは親と子を一緒に飼育することを飼い主の努力義務と定める方針を固めた。条文を盛り込んだ市動物愛護管理条例案を2月17日に始まる市議…[ 続きを読む ]

人と犬の心の健康を考える

約1万5千年前から、人は犬と寄り添って暮らしてきた。 見つめ合えば、「幸せ」になれる間柄。 でも、良好な関係が築けていなければ、その恩恵にはあずかれない。 人と犬とが幸せに暮らすために、何が必要なの…[ 続きを読む ]

2ページ中1ページ目を表示