TOP > 話題

猫の飼育放棄なくしたい……人とネコの共生を考える「ねこフェスタ」、保護団体が開く

デモ

 人とネコの共生のあり方を考える啓発イベント「ねこフェスタ」が4日、仙台市青葉区のアーケードであった。市内外六つの動物保護団体が集まった合同の催しは初めてで、各団体が適正な飼育を呼びかけた。  主催した同区のネコ専門店「またたび堂」の桐野吉里夫さん(52)によると、最近のブームに乗って飼われたネコ…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|仙台市,共生社会,動物保護団体,野良猫,飼育放棄

朝日新聞デジタル

ドーベルマンや土佐犬など大型犬7頭が逃走 120人捜索し捕獲、けが人なし

デモ

 3日午後1時ごろ、徳島県阿波市市場町大野島の野菜出荷用倉庫内で大型犬を飼っている男性(44)から、「敷地内から大型犬が逃げ出した」と、110番通報があった。阿波吉野川署員や消防団員ら計約120人で捜索し、午後3時すぎに全7頭を捕獲した。けが人はなかった。近くで別の飼い犬2頭が死んでいるのが見つか…[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|ドーベルマン,土佐犬,大型犬,徳島県阿波市,逃走

朝日新聞デジタル

ニタマ駅長、7歳おめでとう!「こにゃん市長」ジュリアーノ君もお祝いにきたニャ~

デモ

 和歌山電鉄の三毛猫駅長「ニタマ」の誕生日を祝うイベントが3日、貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)であり、滋賀県湖南市からネコ市長のジュリアーノがお祝いに訪れた。 (末尾に写真特集があります)  この日7歳になった「たまⅡ世駅長」のニタマ(メス)は赤い衣装に身を包んで登場。ネコ用の誕生日ケーキや、…[ 続きを読む ]

猫|話題|こにゃん市,ジュリアーノ,ニタマ,和歌山県紀の川市,滋賀県湖南市

朝日新聞デジタル

人がネコになれるまち、ってアリ? 「しゅうニャン市」を宣言した周南市長と議会が大論戦

デモ

 山口県周南市の知名度アップにつなげようと、市が愛称を「しゅうニャン市」に決め、PR作戦に乗り出してから1カ月あまり。1、2日に開かれた市議会の一般質問で、市議の多くが「市税を投入する意味があるのか」といった疑問を投げかけ、「有効な投資」とする木村健一郎市長と論戦を繰り広げた。  愛称の決定は、昨…[ 続きを読む ]

猫|話題|しゅうニャン市,山口県周南市,市議会,知名度,PR活動

朝日新聞デジタル

秋田犬7匹が焼死 犬舎から出火し、住宅など5棟全焼

デモ

 1日午前4時40分ごろ、青森県弘前市堀越の無職斉藤兼広さん(80)方の木造犬舎から出火、同建物と木造一部2階建て住宅、車庫2棟と、隣家の物置の計5棟約445平方メートルが全焼した。弘前署によると、けが人はいなかったが、犬舎で飼われていた秋田犬7匹が焼け死んでいるのが見つかった。 [ 続きを読む ]

犬|話題|火事,焼死,犬舎,秋田犬,青森県弘前市

朝日新聞デジタル

野良の犬猫、増やさないで……「不妊手術費、補助します!」 愛知県・豊根村

デモ

 愛知県豊根村は新年度から村内に住所がある個人や団体に対し、猫や犬の不妊や去勢手術の費用を補助する事業を始める。新年度当初予算案に関連事業費30万円を盛り込んだ。  手術費の一部として、メスは飼い主がいない猫が上限2万円、飼い猫が同1万5千円、オスは飼い主がいない猫が同1万円、飼い猫が同7500円…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,不妊手術費補助,愛知県豊根村,野良犬,野良猫

朝日新聞デジタル

チワワが立った! これ、放っておいても大丈夫?

デモ

チワワが後ろ足だけで立つ姿。 まるで中に人が入っているようなポーズについつい笑ってしまうけれど、これって生活する上では問題はないの? オモシロかわゆい写真とともに中村太先生にお話をうかがいました! Text:Eriko Itoh 監修:中村太先生 (文末に写真特集があります) 2本足ですっくと立つ…[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|チワワ,問題,後ろ足,立つ,2本足

チワワスタイル

「湯島の猫」でつながったニャ?! 東京・文京区と熊本の上天草市が「協定」

デモ

 熊本県上天草市と東京都文京区がこのほど、それぞれに同じ「湯島」という地名があることから、観光振興や災害時の支援といった相互協力に向けた協定を結んだ。  上天草市には有明海に浮かぶ離島の湯島が、文京区には湯島天満宮で有名な湯島がある。湯島天満宮で毎年開かれる梅まつりで、同市の湯島の特産品「湯島大根…[ 続きを読む ]

猫|話題|東京都文京区,湯島,熊本県上天草市,猫の島,観光PR

朝日新聞デジタル

ホッキョクグマ32歳・ゴリラ47歳… 少子高齢化、動物園も

デモ

 進み続ける高齢化、その一方で深刻な少子化――。そんな現象が、東北各地でも起きています。そんなの知っている? いえ、これは人間ではなく、動物園や水族館のお話です。 ■「大型種で顕著」  仙台市太白区の八木山動物公園。「ズーパラダイス」との愛称がつけられる4月を前に、天国へ旅だつ動物たちが相次いでい…[ 続きを読む ]

その他|話題|ホッキョクグマ,動物園,東北,水族館,高齢化

朝日新聞デジタル

ローカル線を復活させた伝説の先輩から引き継ぐ 猫駅長「ニタマ」

デモ

 先輩は三毛ネコだった。名前は「たま」。ある地方鉄道の危機を救った、伝説のネコの駅長だ。  2005年、貴志川線は、廃線の危機にあった。年間利用者は192万人まで落ち込み、5億円の赤字を計上していた。  翌年、両備グループの和歌山電鐵が経営を引き継ぐと、貴志川線は奇跡の復活を遂げる。利用者は06年…[ 続きを読む ]

猫|話題|たま,ニタマ,ローカル線,猫駅長,鉄道

AERA

158ページ中4ページ目を表示