TOP > 動物愛護

「よしだただし」改め「ダダ」 超ビビリを克服、グッズ販売で保護活動に協力

デモ

「よしだただし」改め「ダダ」。彼が住むのは、東京都内のオフィス兼自宅のマンションだ。「オフィスなので、常に誰かがいるから、『ダダ』が寂しい思いをすることはないと思って」と飼い主のKuniさんは言う。   (末尾に写真特集があります)  オフィスには先住猫のジジもいる。美男子でしぐさも動き…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|インスタ,ブル,ミグノン,ミックス,保護犬

sippo

猫好きを認定する「ねこ検定」 第1回は4000人が受験 その内容は?

デモ

 合格すれば“ねこ好き”として認定される「ねこ検定」なる検定試験の第1回が、3月、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡の5都市で行われ、約4000人が受験した。  内容は猫の歴史や文化、生態、共生方法、文学や映画など、猫に関する“幅広い知識”を問うもので、…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|ねこ検定,公式ガイドブック,猫の暮らし,猫の歴史,猫の生態

sippo

捨て猫だった久(キュウ)です。義理のお兄ちゃん猫タラチャンと仲良く暮らしてるよ

デモ

 僕は生後まもなく捨てられていたところを保護され、今のおうちに来たよ。個性的な飼い主さんと、おだやかで面倒見の良い先住猫タラチャンが「家族」。タラチャンは僕を両腕でギュッと抱きしめて眠ってくれたこともあるよ。 (兵庫県宝塚市 雑種 ♂ 5歳) ◇朝日新聞の夕刊にあなたの愛犬・愛猫の写真が載ります。…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ライフスタイル|保護猫,先住猫,兵庫県宝塚市,愛猫,雑種

sippo

犬猫の殺処分、3年連続ゼロ 神奈川県知事「譲渡のボランティアに感謝」

デモ

 神奈川県は25日、平塚市の県動物保護センターに預けられた犬や猫の殺処分が2016年度はゼロだったと発表した。3年連続でゼロを達成し、黒岩祐治知事は定例会見で、「譲渡に貢献頂いているボランティアに感謝したい」と述べた。  16年度にセンターで収容した犬は399匹、猫は637匹。微減傾向だが15年度…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|動物保護センター,殺処分ゼロ,神奈川県,神奈川県知事,譲渡ボランティア

朝日新聞デジタル

「元気過ぎる犬」ジャックラッセルテリア 挫折から立ち直るきっかけをくれた

デモ

「ジャックラッセルテリアと暮らしてみたい!」  神奈川県在住の皆川智之さん(45歳)が、この犬に憧れを抱いたのは約14年前。その頃、皆川さんは人生の大きな“節目”にいた。 「僕は沖縄で生まれ、両親と大阪に住み、29歳で夢を求めて単身上京しました。あるベンチャー企業に勤めたん…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|ジャックラッセル,前十字靱帯,就労支援,犬,糸井重里

sippo

幸せを呼ぶ“顔の黒い女”「リュネット」 穏やかに笑う

デモ

 飼い主のAyaさんと一緒にゆったりと散歩するリュネット。遠くから一目で「あ、リュネットだ」とわかる。白い体に水玉模様が可愛らしく、顔だけが真っ黒だ。  真っ黒な顔の中で、黒目がちな瞳を際立たせるように、目の周りだけ丸く白い毛で囲まれている。これが名前の由来。「リュネット」とはフランス語で「メガネ…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|メガネ,保護犬,動物愛護団体,幸せ,預かりボランティア

sippo

sippo特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」 GWに東松山でも開催

デモ

 sippo特別写真展「みんなイヌ、みんなネコ」が、5月のゴールデンウィークに、埼玉県東松山市の「丸広百貨店 東松山店」で開かれることになりました。昨年9月の東京都渋谷区、今年4月の埼玉県川越市に続き、3回目の開催となります。  5月3日(水・祝)~8日(月)の午前10時~午後7時(最終日は午後5…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|エンターテインメント|みんなイヌ,保護犬,保護猫,写真展,東松山

sippo

保護した子猫のいのち、授乳で助けて! 自治体に広がる「ミルクボランティア」、千葉県でも募集中

デモ

 千葉県は、保護した飼い主のいない子猫を預かり、授乳などの世話をする「一時飼養ボランティア(ミルクボランティア)」の募集を始めた。県動物愛護センター(富里市)で殺処分される猫の数を減らし、新しい飼い主への譲渡を進める狙いだ。  ミルクボランティアは、同センターが保護した離乳前の子猫を、生後3カ月程…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ミルクボランティア,保護猫,動物愛護センター,千葉県,殺処分ゼロ

朝日新聞デジタル

猫52匹を保護、「飼い主」探しています! 個人宅で繁殖、あっという間に増えて手に負えなくなり…

デモ

 北海道旭川市の個人宅で飼われていた猫が繁殖して増えすぎ、飼い主が手に負えなくなったとして、市動物愛護センター「あにまある」が今月、52匹を保護し、新たな飼い主を探している。同センターは責任ある飼育管理や早めの相談を呼びかけている。  飼われていたのは市内西部の一軒家で、今月上旬、この家を訪ねた市…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|不妊・去勢手術,保護猫,動物愛護センター,北海道旭川市,多頭飼育崩壊

朝日新聞デジタル

殺処分まぬがれた2匹、災害救助犬に! 玄とモナカが試験を突破 災害時の「出動」めざす

デモ

 殺処分の可能性もあった2匹の雑種犬が18日、徳島県の災害救助犬に認定された。2年前に始まった県のプロジェクトで資質が認められ、訓練を経て最終試験を突破。2匹は南海トラフ巨大地震などの災害時に、助けを待つ人たちを捜す役割を担う。  県が認定したのは、いずれもオスの「玄(げん)」(推定2歳3カ月)と…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|南海トラフ,夢之丞,殺処分,災害救助犬,玄とモナカ

朝日新聞デジタル

66ページ中4ページ目を表示