TOP > 動物愛護 > その他と動物愛護に関する記事

その他と動物愛護に関する記事

84件 1〜10件目

東京都杉並区、小中学校での解剖実習の廃止を決定!

1年で807匹のコイ、687匹のカエルが解剖の犠牲に  東京都杉並区では、区の教育センターの理科指導員が区立の小中学校に出張し、さまざまな理科授業を行う「理科…[ 続きを読む ]

赤ちゃんラッシュ、珍しいマヌルネコや世界最小のシカ……初出産が続いて飼育員もドキドキ!

 埼玉県こども動物自然公園(東松山市)が「赤ちゃんラッシュ」にわいている。毎年5月ごろが出産シーズンのピークで、生後の状態が安定する同月中旬~6月中旬に公開が…[ 続きを読む ]

被災者とペット、避難所では分離を! 飼い主は預け先を確保… 環境省がガイドライン改訂へ

 環境省は早ければ今秋にも、災害時のペットの保護や飼い主の責任を定めたガイドラインを改訂する方針を固めた。昨年4月の熊本地震の教訓を踏まえ、自治体にはペットを…[ 続きを読む ]

麻布大学回答 「サイエンス」誌論文は不正ではないが間違い訂正へ

 以前、当会ブログでオオカミを合法的に飼育している個人は確認できないことをご報告したのですが、その際、犬のように育てられたオオカミを行動実験に使ったとされる麻…[ 続きを読む ]

2018年改正予定 私たちが求める動物愛護法の改正点とは

 私たちNPO法人動物実験の廃止を求める会(JAVA)は、同じく動物保護活動を行う、NPO法人アニマルライツセンター、PEACE 命の搾取ではなく尊厳を とと…[ 続きを読む ]

第69回 犬や動物愛護でつながる人との「ご縁」、あらためて思い出す川島なお美さんのこと

 所属している文化人団体「エンジン01文化戦略会議」のメンバー百数十人と、茨城県水戸市で「オープンカレッジ」という講義をしてきたことは 前回 も書かせていただ…[ 続きを読む ]

家畜の飼い方は変えなくてよいのか―薬剤耐性菌問題の今

 昨年11月、農林水産省が、「動物分野における薬剤耐性対策シンポジウム~G7獣医当局間の協力枠組活動の一環~」というシンポジウムを開催しました。  薬剤耐性菌…[ 続きを読む ]

あなたの卵の選択でニワトリたちに動き回る自由を

今年は酉年ということで、今回は卵を産むニワトリをフィーチャーします。 「物価の優等生」といわれる卵。1960年代以降価格がほとんど上がることなく、家計の味方と…[ 続きを読む ]

「エシカル消費と動物への配慮を考えるシンポジウム」を開催しました

「エシカル消費(倫理的消費)」のムーブメントが日本でも盛り上がりつつあるなかで、その枠組みのなかに「動物への配慮」をきちんと位置付けようと、2016年10月2…[ 続きを読む ]

化粧品の開発、動物実験なしで 日本企業も海外の規制に対応めざす

 化粧品の開発で「動物実験」をやめる動きが広がっている。欧州を中心に動物実験をした化粧品の販売が禁じられたからだ。動物に頼らない新たな開発方法を検討するアジア…[ 続きを読む ]

9ページ中1ページ目を表示