TOP > 動物愛護 > その他と動物愛護に関する記事

その他と動物愛護に関する記事

109件 1〜10件目

奄美大島の生態系を守るためノネコを捕獲して一時収容へ

 奄美大島の希少動物を襲う野生化した猫(ノネコ)の管理計画案を環境省と県、島内5市町村が策定した。山中の猫を捕獲し、1週間ほど譲渡先を探しながら一時飼育。引き…[ 続きを読む ]

寒い…!石の上で丸くなるクロヒョウ もネコ科だニャ

「ニャンニャンニャン」の「ネコの日」(2月22日)に合わせ、鹿児島市の平川動物公園がネコに関する特別企画を始めた。園内のネコ科の動物についてのクイズラリーなら…[ 続きを読む ]

住宅街にシカやサル わな設置はペットに危険「どうすれば…」

 栃木県日光市の中心住宅街で昨年から野生のシカやサルの出没が急増し、周辺住民が昨年10月、市に駆除を求める署名を提出した。だが人家がある場所では法の規制で猟銃…[ 続きを読む ]

アニマル・ドネーションが寄付先の動物関連団体を公募

 個人や企業・団体から寄付を募り、認定した動物関係団体に資金援助している公益社団法人「アニマル・ドネーション」(東京都港区)が、新たに支援する団体を公募してい…[ 続きを読む ]

1位は特任園長に!今年もやります、動物園の「総選挙」

 京都市左京区の京都市動物園で、今年も動物の「総選挙」が開かれる。来園者による人気投票で、1位になれば特任園長に就任。広告やSNSに登場し、園をアピールする主…[ 続きを読む ]

シカと犬の鳴き声で電車と接触防止! 鉄道総研がつきとめる

 列車とシカが接触する事故を防ぐため、走行中の列車からシカと犬の鳴き声を流すと効果があることを鉄道総合技術研究所(東京都)が突き止めた。シカは線路から遠ざかり…[ 続きを読む ]

日本の畜産も「動物福祉」に配慮を! 五輪の食材条件に明記

 家畜を、より快適にストレスなく飼育しようという動きがじわじわと広がっている。「アニマルウェルフェア(動物福祉、AW)」という考え方だ。欧米が先行していたが、…[ 続きを読む ]

バッグの中からアルマジロトカゲ48匹! 日本人を南アで逮捕

 絶滅の危機にあり、ワシントン条約で取引が規制されているアルマジロトカゲ=写真=を違法に所持していたとして、日本人の男(49)が南アフリカの警察に逮捕されてい…[ 続きを読む ]

逃走4カ月、張り込み4日 動物園のシカ、無事に戻りました

 岡山市北区の池田動物園のニホンジカが6月に逃げ出し、10月に捕まった。騒動を起こした「犯鹿」は今、再び園で、何事もなかったかのように暮らしている。4カ月間に…[ 続きを読む ]

飼ってはいけないアライグマ 子犬のミルク与えて散歩?!

 国内への持ち込みや飼育が原則禁じられている特定外来生物のアライグマを自宅で飼い、その後に放したとして、警視庁は大阪府富田林市の女性(43)を特定外来生物法違…[ 続きを読む ]

11ページ中1ページ目を表示