TOP > シマウマ「バロン」の死に見る動物取引 「余剰動物」は動物商に、動物園の狭さも一因

トピックス

シマウマ「バロン」の死に見る動物取引 「余剰動物」は動物商に、動物園の狭さも一因


 3月、愛知県瀬戸市の乗馬クラブを脱走したシマウマが近くのゴルフ場でおぼれ死んだ。まだ1歳。悲劇の背景を探ると、管理責任があいまいな動物取引の実態が見えてきた。


「残念な結果だ。我々にも反省すべきところがある」


 ゴルフ場から約200キロ離れた大阪市天王寺動物園の職員はそう話す。死んだのは、前日まで同園で飼育されていたオスのグラントシマウマだった。名前は「バロン」。同園で2014年6月19日に誕生。親子で飼育されてきたが、1歳を超え、「次の行き先」を探していた。


「オスは大きくなると父親と争うようになる。でもずっと別々に育てていくスペースは確保できない」と高見一利・動物園担当課長代理は話す。ほかの動物園に打診を続けたが、半年かかっても行き先が見つからなかったという。


 最終的に運命が決まったのは今年2月1日。名古屋市中川区の動物商、坪井源幸(げんこう)氏と同園が「動物交換契約書」を締結、バロンは、同園が新たな展示動物として必要としていたメガネフクロウなど複数の動物と交換されることになった。坪井氏は、シマウマを求めていた愛知県尾張旭市の移動動物園を経営する男性にバロンを転売した。


 3月22日、バロンは天王寺動物園から搬出された。人馴(な)れさせる訓練のため、その日のうちに瀬戸市の乗馬クラブへ。動物園の外に出たのも、見知らぬ人が近づいてくる経験も初めてだった。パニックに陥ったのか、約3・5キロ離れた岐阜県土岐市のゴルフ場に逃走。翌23日、麻酔薬入りの吹き矢を受けて池に倒れて死んだ。


 乗馬クラブの柵は大型哺乳類なら容易に逃げられるようなつくりだったという。天王寺動物園は「動物商に対して指導監督の権限がなく、管理してくれると信頼するしかなかった」。坪井氏は「受け入れ先の施設が聞いていたものと全く違った。判断が甘かった」と悔やむ。

 

捕獲されたシマウマを囲む警察官ら=3月23日午後、岐阜県土岐市、細川卓撮影
捕獲されたシマウマを囲む警察官ら=3月23日午後、岐阜県土岐市、細川卓撮影

 不幸な死を除けば、バロンの身の上は、日本の動物園で生まれる動物にとって珍しいことではない。業界内では、次の行き先を探さなければいけない動物を「余剰動物」と言う。受け入れ先探しに悩みながら新たな動物も迎え入れたい動物園。国内では簡単には手に入らない動物を仕入れ、売買したい動物商。もちつもたれつの関係が続いている。


 高見課長代理は「定期的に繁殖を行って動物を維持し、新しい動物も導入しないといけない。購入予算は確保できないので、繁殖した動物を、ほかの動物園や動物商との等価交換は常時行っている」。


 ただ、動物園同士の交換と異なり、動物商が介在する取引の場合は、動物の行き先を把握できないことも多い。今年4月に鹿児島市平川動物公園が動物商に渡したコツメカワウソ2頭も、静岡市内のペット店で販売されているのが発見され、動物愛護団体が問題視するケースもあった。坪井氏も「法律違反でなければ、犬猫以外はどんな生き物でも取り扱う。複数の動物園や水族館と毎年約20件、動物数で計100くらいの取引がある。ペット店やブリーダーが買ってくれるので、売り先を見つけるのには困らない」と明かす。


 日大生物資源科学部の村田浩一教授(動物園学)によると、動物商は日本には明治時代からおり、動物園の発展を担ってきた存在という。だが欧米の動物園は40年以上前から、不明朗な取引や野生動物を捕獲することによる自然環境の破壊につながりかねないとして動物商の利用を自粛。動物園内での繁殖、動物園同士の交換によって種の保存、維持に努めている。


 日本は手狭な園が多く、特に大型動物の場合は、種の保存のために繁殖しても群れで飼育していくのは容易ではない。余剰動物問題の解決には動物商に頼らざるをえない側面がある。村田教授は言う。「シマウマの事件は、特定の動物園の問題ではない。日本のすべての動物園・水族館が抱える構造的な問題の結果だ。動物園は、他園に渡すにしろ、仕方なく動物商に渡すにしろ、余剰動物の行き先に責任を持つべきだろう」


(太田匡彦)

前へ
ゴルフ場に逃げ込んだシマウマ=岐阜県土岐市妻木町、県警提供
次へ
出典:朝日新聞
1/10
前へ
次へ

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)