TOP > 「いっしょにたくさん歩こうね」 ラブラドルレトリバーのディア 盲導犬貸与式でお披露目

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2016/12/23

「いっしょにたくさん歩こうね」 ラブラドルレトリバーのディア 盲導犬貸与式でお披露目

鶴野克子さんに、3頭目の盲導犬「ディア」が貸与された=徳島県庁
鶴野克子さんに、3頭目の盲導犬「ディア」が貸与された=徳島県庁

 徳島市のマッサージ師、鶴野克子さん(51)への盲導犬の貸与式が19日、県庁であった。3頭目の「ディア」を迎えた鶴野さんは「期待も不安もあるが、これから2人でいろいろなところを歩き、盲導犬について多くの人に知ってもらいたい」と話した。

 徳島県保健福祉部の大西英治副部長は「ディアとの生活が、いっそうの社会参加につながることを期待したい」とあいさつした。

 ディアは英語で「鹿」の意。盲導犬の訓練を受けるまで育った、奈良県の観光名物にちなんで名付けられた。ラブラドルレトリバーの雄で、まだ2歳だが「おじいちゃんみたいに落ち着いている」(鶴野さん)という。鶴野さんは2頭目のホップが10月末に引退した後、大阪府内に2週間ほど泊まり込み、訓練施設でディアと過ごした。すでに11月11日から一緒に暮らしている。


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)