TOP > 野良猫70匹の去勢手術、 香川の志々島で始まる ワクチン接種も

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2016/12/27

野良猫70匹の去勢手術、 香川の志々島で始まる ワクチン接種も

手術をするため順番に並べられた猫=香川県三豊市の志々島
手術をするため順番に並べられた猫=香川県三豊市の志々島

 香川県三豊市の志々島で23日、猫の一斉不妊去勢手術が始まった。地元や東京などから獣医師5人が参加。次々と運び込まれる猫に手際よく手術を施していた。


 この日は強風のため定期船が欠航したが、一斉手術は午後2時ごろに予定通り始まった。猫は手術を受けた後、ワクチンやノミ・ダニの処置を受け、顔などを拭かれて耳をカットされていた。


 前日までに島の人たちが約70匹を捕獲した。北野省一さん(76)は「人が少ないわりに猫ばかり。来春に一気に増える前に、手術に来てくれて本当にありがたい。ほっとした」と話した。


 今回の手術を請け負った「どうぶつ基金」(兵庫)の佐上邦久理事長は「ひとつの島だけでなく、この活動が瀬戸内の色んな島々に広がっていってくれたらと思う」と話した。

 

次々と猫が運び込まれ手術を受けた=香川県三豊市の志々島
次々と猫が運び込まれ手術を受けた=香川県三豊市の志々島

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)