TOP > 三毛猫の「よんたま」登場、駅長めざします! まず「見習い」から 和歌山電鉄ニタマの部下

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2017/01/10

三毛猫の「よんたま」登場、駅長めざします! まず「見習い」から 和歌山電鉄ニタマの部下

駅長見習いとして勤務する「よんたま」=和歌山県紀の川市貴志川町
駅長見習いとして勤務する「よんたま」=和歌山県紀の川市貴志川町

 三毛猫の駅長で知られる和歌山電鉄に、新たに同じ三毛猫の「よんたま」(メス、生後8カ月)が「駅長見習い」として加わることになった。5日、貴志駅(和歌山県紀の川市)で小嶋光信社長から辞令が交付された。

(末尾に写真特集があります)

 同電鉄では、絶大な人気を誇り、社長代理にまで出世した初代の「たま」駅長が一昨年6月に16歳で死んで以来、部下だった「ニタマ」(メス、6歳)が後を継いだ。ニタマは現在、「たまⅡ世駅長」を名乗って活躍しており、よんたまはニタマの部下として、ニタマが公休日の水曜と木曜に伊太祈曽(いだきそ)駅(和歌山市)で午前10時から午後4時まで勤務する予定。

「さん」ではなく「よん」となったのは、同電鉄の親会社にあたる岡山電気軌道(岡山市)に、PR役として同じ三毛猫の「SUN(サン)たまたま」がいるためという。

(真田嶺、浅沼愛)

前へ
見つめ合う「よんたま」(左)と「ニタマ」=いずれも和歌山県紀の川市貴志川町
次へ
出典:朝日新聞デジタル
1/5
前へ
次へ

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)