TOP > 土佐犬を逃がした疑いで飼い主に罰金 子どもがかまれてけが

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2017/02/13

土佐犬を逃がした疑いで飼い主に罰金 子どもがかまれてけが

 青森県八戸市鮫町の住宅街で昨年9月に男児(当時8)が土佐犬にかまれてけがをした事件で、八戸区検は1月、飼っていた土佐犬2頭を逃がしたとして、同市の70代男性を県動物愛護管理条例違反の罪で略式起訴し、八戸簡裁が2月6日、罰金10万円の略式命令を出した。


 男性は土佐犬が人にけがをさせないよう係留しておく義務があるのに、管理を怠って2頭を逃がしたとされる。


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)