TOP > まるで本物の犬や猫のよう 羊毛で愛らしい姿を作り出す「フェルトアート展」 表情や毛並みまで再現

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2017/03/02

まるで本物の犬や猫のよう 羊毛で愛らしい姿を作り出す「フェルトアート展」 表情や毛並みまで再現

本物そっくりのフェルト作品が並ぶ=松江市
本物そっくりのフェルト作品が並ぶ=松江市

 フェルトで本物そっくりの動物を作る東京在住の作家、中山みどりさんの作品200点を集めた「フェルトアート展」が、松江市西浜佐陀町の松江イングリッシュガーデンで開かれている。3月26日まで。


 中山さんは2014年から全国各地で個展を開いており、山陰では初開催。作品は、実際の動物の写真を元に羊毛と針を使って作られる。表情や毛の生え方など細部まで再現された犬や猫は体を丸めたり、伸ばしたりする愛らしい姿に。


 出雲市から家族と訪れた野口真聖(まさと)君(9)は飼っているコーギーに似た作品を見つけ、「顔とかがすごいリアルで本物みたい」と喜んでいた。


 午前10時~午後5時(最終入場は午後4時半まで)。大人800円、中高生400円、小学生以下無料。問い合わせは山陰中央新報社(0852・32・3415)へ。


(富岡万葉)


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)