TOP > 「野良猫クレーン」がグランプリ 「飼うなら最後まで」…新聞広告に込めた思い ACジャパン広告学生賞

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2017/03/14

「野良猫クレーン」がグランプリ 「飼うなら最後まで」…新聞広告に込めた思い ACジャパン広告学生賞

グランプリ「野良猫クレーン」=ACジャパン提供
グランプリ「野良猫クレーン」=ACジャパン提供

 大学生や専門学校生らによる公共広告の優秀作を決める「第13回ACジャパン広告学生賞」(朝日新聞社など後援)の表彰式が10日、東京都内であった。今回初めて設けられた「新聞広告部門」では、応募した11校の168作品から、京都造形芸術大学3年の三枝(さえぐさ)瑞季さん(21)の作品がグランプリに選ばれた。


 三枝さんの作品は「野良猫クレーン」。クレーンゲームでつかまれる猫のイラストに「飼う前にもう一度、しっかり考えてみて」とのメッセージを添えた。3年前からハリネズミを飼っているという三枝さん。「かわいいからと気軽に飼い、捨てる人が多いと聞く。最後まで面倒をみる覚悟がいると伝えたかった」と話した。

準グランプリ「変わらないこと」=ACジャパン提供
準グランプリ「変わらないこと」=ACジャパン提供


 準グランプリは、同大学3年の田中麻央さん(21)の「変わらないこと」。昨年、祖母に認知症の疑いがあると知り、周囲の助けを借りながら認知症の人を支える大切さを訴えた。この2作は7月以降、朝日新聞を含む全国紙の一部地域で掲載される見込み。


 このほか、審査員特別賞3作、優秀賞9作を表彰した。


(高浜行人)


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)