TOP > 「夜廻り猫」 妻を介護する男性たち 明日もおしゃべりで充電できたら…

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2017/04/18

「夜廻り猫」 妻を介護する男性たち 明日もおしゃべりで充電できたら…


 介護や看病は、男女どちらにとっても大変なこと。今回のお話では、妻を介護したり看病したりする男性2人がスーパーで1年ぶりに再会します。


 作者の深谷かほるさんは「特に高齢の男性にとっては、家庭内の問題を話す習慣がない、様々なサービスを知るネットワークがない、といった理由から、よりハードルが高いのではないかと思っていました」と話します。


 介護を担う人たちが、毎日、短時間でも笑い合える時間があったら――。漫画には、そんな願いがこもっています。

 


深谷かほる(ふかや・かほる)

漫画家。1962年、福島生まれ。代表作に「ハガネの女」「エデンの東北」など。2015年から、ツイッターで漫画「夜廻(まわ)り猫」を発表。3月23日、講談社から新装の単行本1、2巻を発売する。

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)