TOP > 民家の庭に頭部と前脚のないネコの死体 シバザクラの上に置かれ、住人が発見 動物愛護法違反の疑いで捜査

トピックス

朝日新聞・朝日新聞デジタル|更新|2017/07/13

民家の庭に頭部と前脚のないネコの死体 シバザクラの上に置かれ、住人が発見 動物愛護法違反の疑いで捜査

(写真は本文と関係ありません)
(写真は本文と関係ありません)

 9日午前9時5分ごろ、栗東市綣3丁目の民家の駐車場付近に頭部と両前脚がないネコの死体があるのを、この民家に住む70代女性が見つけ、草津署に通報した。署によると、死体は民家の敷地内に植えられたシバザクラの上にあったという。女性が8日午後4時半ごろに確認した時にはなかったといい、その後何者かが置いたとみて、同署は動物愛護法違反の疑いで調べている。


 6月29日午後には、草津市野路1丁目の滋賀銀行南草津駅前支店の駐車場で、バラバラになったネコの死体が見つかっており、関連を調べている。

 

<関連記事>
頭のないネコ死体、小学校の玄関近くで発見 刃物で切断した? 動物愛護法違反の疑いで捜査


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)