TOP > 猫の“ゴロゴロ音”がいつでも聴ける! CD付き猫セラピー本発売

トピックス

猫の“ゴロゴロ音”がいつでも聴ける! CD付き猫セラピー本発売

「ねこのゴロゴロセラピー CDブック」から(C)Kenta Igarashi
「ねこのゴロゴロセラピー CDブック」から(C)Kenta Igarashi

 猫が主にリラックスしているときに喉を鳴らす “ゴロゴロ音”。これが聴けるのは、猫好きにとって至福の時間だ。なんと、実際の猫が “ゴロゴロゴロ…”と喉を鳴らす音を収録したCD付きの書籍「ねこのゴロゴロセラピー CDブック」(WAVE出版)が発売された。

 

(末尾に写真特集があります)

 

 この“ゴロゴロ音”、アニマルセラピー文化が進んだフランスでは、「ゴロゴロセラピー」として、テレビの健康番組や雑誌で頻繁に取り上げられているのだとか。人間の幸せホルモン(エンドルフィン)を促すなどの研究結果もでており、“癒しの音”として認知されている。


 CDに収録されているのは、実際の猫たちが飼い主と一緒にリラックスしているときに発した“ゴロゴロ音”。筆者がCDを聴いてみると、まるで猫がそばにいるようで、自然と笑顔になり、身体の力が抜けて、リラックス状態に。飼い主にスリスリしているような音も聞こえてくるので、猫のリラックス感、ハッピー感が伝わってくる。

 

「ねこのゴロゴロセラピー CDブック」
「ねこのゴロゴロセラピー CDブック」

 書籍では、猫のゴロゴロ音の不思議に迫ったり、猫にモテるにはどうすればいいのか……、などを優しく解説。さらに、猫写真家・五十嵐健太さんによる写真も盛りだくさんなので、CDをかけて本を眺めれば、癒しの時間が過ごせそうだ。


 編集を担当したWAVE出版の佐藤葉子さんに話を聞くと、以前から飼い猫のゴロゴロ音を録音し、仕事中にイヤホンで聴いていたという。音楽より気が散ることもなく、猫がそばにいるような良い気分にもなるため、集中したい時のためのBGMとして重宝していたそうだ。


 本の楽しみ方について、佐藤さんはいう。


「ご自宅に猫がいらっしゃる方は、猫と離れる通勤中や仕事の気分転換などに、本を眺めたり音を聴いたりしていただいて、猫の癒しを外出中も補っていただければと思います。猫を飼っていない、あるいは飼いたくても飼えない方は、ご自宅でのリラックスタイムはもちろん、生活のあらゆる場面でこのゴロゴロ音をご活用ください」


 目と耳で感じられる究極の「ねこセラピー」本。今まで以上に猫に癒されてはいかが?

 

「ねこのゴロゴロセラピー CDブック」
定価: 1500 円+税
出版社: WAVE出版
単行本(ソフトカバー): 96ページ
監修:山本宗伸(やまもと・そうしん)…猫専門病院「Tokyo Cat Specialists」院長。著書に『はじめてでも安心! 幸せに暮らす猫の飼い方』(ナツメ社)、『ネコ先生が一問一答! ネコの知恵袋』(朝日新聞出版)等。
写真:五十嵐健太(いがらし・けんた)…猫写真家。主な著書に『飛び猫』『フクとマリモ』『ねこ禅 人生がふニャっとなごむ50の教え』(以上KADOKAWA)等。インスタグラムhttps://www.instagram.com/tobineko_0/
<お知らせ>
◆五十嵐健太のもふもふ猫写真展
2017年9月16日(土)~11月26日(日)
※9月16日・17日の11:30~13:30には会場で、書籍「ねこのゴロゴロセラピーサイン会」を開催
料金:無料(施設入場料が別途かかります)
会場:えさし藤原の郷 天空館
〒023-1101 岩手県奥州市江刺区岩谷堂小名丸86-1
公式サイト:http://www.fujiwaranosato.com/
前へ
(C)Kenta Igarashi
次へ
出典:sippo
1/10
前へ
次へ

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)