TOP > いじめられた、やさしい猫「ぽー」 自らに重ね、寄りそい撮影

トピックス

藤村かおり・sippo|更新|2017/11/30

いじめられた、やさしい猫「ぽー」 自らに重ね、寄りそい撮影

太田家の縁側で雨宿りをする「ぽー」
扶桑社/(C)太田康介
太田家の縁側で雨宿りをする「ぽー」 扶桑社/(C)太田康介

 気弱でいじめられてばかり、ゴハンも仲間に譲ってしまう“やさしすぎる”猫「ぽー」。写真とともにその物語を紹介した本『やさしいねこ』(扶桑社)が話題になっている。著者でカメラマンの太田康介さん(59)に「ぽー」との出会いから出版に至る経緯を聞いた。

 

(末尾に写真特集があります)

 

「『ぽー』は自分の分身みたい。僕も子どもの頃、体がデカいのに鈍くて、怖い奴にいじめられたから」


 182センチ、100キロの大きな身体を屈めるようにして、太田さんが微笑む。太田さんが大柄な野良猫と自宅近くの公園で出会ったのは8年前のことだ。ブランコで遊ぶ子どもたちの声にも動じず、“ぽやー”とたたずんでいたという。尾の柄が特徴的だったので、“しっぽのぽー”と名付けた。


 その時、太田さんは人生初のTNR(飼い主のいない猫を保護し、避妊去勢手術を受けさせた後に元の場所に戻す、繁殖防止の措置)」を試みようとしていた。


 もともと太田さん宅では、近所の野良猫が生んだ子を引き取って育てていた。テレビで多摩川河川敷に暮らす野良猫のドキュメンタリーを観て、外で暮らす猫に目が行くようになったという。

 

『やさしいねこ』 1100円+税 (扶桑社)
『やさしいねこ』 1100円+税 (扶桑社)

「蝶よ、花よ、と可愛がられる家の猫とは違う、大変な環境に暮らす猫たちがいることを知りました。その後、川崎の河川敷で、もっと苛酷な条件下で暮らす野良猫たちの存在を知って、世話をしている男性を手伝うようになり、そこからも1匹もらいました。そうしているうちに思ったんです。僕の家の近くの野良猫たちの去勢もしなければと……」

 

 

◆いじめられていた猫

 最初から「ぽー」に狙いを定めたわけではなく、TNRをしようと、キャリーバッグを持って公園に行くと、たまたま「ぽー」がいたのだという。さすがにキャリーバッグでは捕獲できず、後日買った捕獲機で捕まえ、去勢をした上でリリースした。そこから「ぽー」は地域猫(太田家の外猫)になったのだが、気になることが、次々と起きた。


「『ぽー』はうちの庭までテリトリーを広げて、ゴハンを食べに来てくれるようになったのだけど、他の野良猫に遠慮する。雨が降ったら濡れながらゴハンの“順待ち”。とにかく弱くて、顔や体が傷つき、背中の毛もむしられて。そう、彼は町内“最弱の猫”だったんです」


 そんな「ぽー」に太田さんは同情して、ちょっとひいき目にゴハンをあげるようになる。雨や日差しを防ぐために傘を縁側にたてかけたり、寒さよけに箱(ぽーハウス)を置いたり。頻繁に庭に現われようになった白い太った猫のことを、家のメス猫たちは“誰なのかしら”という目でながめていたらしい。


 次第に「ぽー」は太田家の家族に心を許しはじめ、3年も経つと、顎やお腹を触らせるようになった。表情も“にゃはー”と言わんばかりに柔らかくなった。ところがある時、太田さんが「ぽー」のお腹を撫でていると、指に小さなしこりが触れた。


「病気かなと思って、病院に連れて行きました。でも不思議なことに、検査したら、しこりが消えていた! その頃には『ぽー』も僕やカミさんも慣れていたので、これを機に室内で飼おうということになったんです」

 

 

◆“最弱猫”が子猫の世話

 太田家には「とら」と「まる」の姉妹がいた。川崎の河川敷で保護した「シロ」もいる。そこに、窓の向こうにいたオス猫「ぽー」を招き入れたわけだ。


 太田さんは「メス猫たちは受け入れるはず」と期待したが、甘かった。特に「とら」は、「ぽー」に敵対心を持ったのか激しく威嚇した。


「『ぽー』はびくびくして逃げるから、追われる。そうして僕の股の間に避難するのだけど、それがいじらしくて。ヤツは外だけではなく、家の中でも“最弱”だった(笑)」

 

外にいた「ぽー」に興味深々の姉妹猫「とら」と「まる」 扶桑社/(C)太田康介
外にいた「ぽー」に興味深々の姉妹猫「とら」と「まる」 扶桑社/(C)太田康介

 それでもいつしか、「とら」は「ぽー」を受け入れ、一緒にくっついて寝るようになった。その後、太田さんが近所で生まれた子猫や、仕事先で出会った子猫を保護(預かり)すると、「ぽー」は一生懸命、なめてあげたという。


「メス猫たちは子猫にツレナイのに(笑)、「ぽー」はかいがいしく“保父”役をしました」


 だが、家での生活を始めて3年経ったころ、ぽーが体調を崩した。歯茎に膿がたまって、食欲が落ちたのだ。調べると、腎臓の数値も悪化していた。


「毎日家でカミさんとともに補液(点滴)をしたり、看病をしたんですが……最後は僕の腕の中で息を引き取りました。はっきりした年齢はわかりませんが、10歳はゆうに超えていたと思います」

 

「ぽー」を抱く太田さん
扶桑社/(C)太田康介
「ぽー」を抱く太田さん 扶桑社/(C)太田康介

 太田さんによると、この書籍化は、今春あるデパートが行った企画がきっかけだったという。


「深谷かほる先生が『夜廻り猫』のエピソードを募集されて、マンガへの“登場権”が得られる企画でした。『ぽー』の写真とともに応募したら、権利を勝ち取って(笑)。そこで描いていただいた『ぽー』の姿が『いいネ』と話題になり、それがご縁で出版にもつながったんです。嬉しいですね」


 編集を担当した扶桑社の北村尚紀さんはいう。


「この本は、“やさしい猫”の本であると同時に、“やさしいオジサン”の本なのです。野良猫をTNRして地域猫にして、さらに家猫として最後まで面倒をみた。『ぽー』に対して、太田さんはこれでよかったのか、幸福だったのかなと、ずーっと思い悩んでいた。そんなやさしき葛藤も、本書の魅力です」


「ぽー」が旅立って、すでに2年。糸井重里さんや矢野顕子さん、石田ゆり子さんら有名人が「ぽーファン」を名乗るなど、人気が高まっている。


(藤村かおり)

 

『やさしいねこ』
太田康介 著・撮影
扶桑社刊
本体1100円+税
112ページ
太田康介(オオタヤススケ) 1958年生まれ。滋賀県出身。編集プロダクションを経て1991年からフリー。日本写真家協会会員。報道カメラマンとして、ボスニア、アフガニスタン、北朝鮮などで撮影。東日本大震災後は原発周辺に取り残された家畜やペットの写真を撮るとともに、飼い主のいない猫のTNRと給餌活動を続けている。著書に『のこされた動物たち』『待ちつづける動物たち』(飛鳥新社)『しろさびとまっちゃん』(KADOKAWAメディアファクトリー))『うちのとらまる』(辰巳出版)など。

ブログ「うちのとらまる」

前へ
近所の公園に現われたぽー 扶桑社/(C)太田康介
次へ
出典:sippo
1/24
前へ
次へ

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)