TOP > 交通事故死した盲導犬ヴァルデス 運転手が県に損害賠償

トピックス

交通事故死した盲導犬ヴァルデス 運転手が県に損害賠償

徳島県庁での交通安全運動セレモニーに出演した際の山橋衛二さんと盲導犬ヴァルデス号
徳島県庁での交通安全運動セレモニーに出演した際の山橋衛二さんと盲導犬ヴァルデス号

 徳島市の市道で2015年10月、盲導犬「ヴァルデス号」と歩いていた視覚障害者の山橋衛二さん(当時50)=同市=がダンプカーにはねられてともに命を落とした事故で、ダンプの運転手側とヴァルデスの所有者の徳島県との間で10月に示談が成立したことがわかった。運転手側が損害賠償20万円を支払うという。交通事故死した盲導犬をめぐる損害賠償は珍しい。


 ヴァルデスは県が07年に山橋さんに貸与。事故の8日後に引退する予定だった。県はヴァルデスが山橋さんの生活支援だけでなく盲導犬啓発活動にも積極的に参加していたことなどを踏まえ、運転手が加入していた保険会社と示談交渉を進めていた。


 事故時にダンプは、後退する際に歩行者らに注意を呼びかける音声を流す装置があったが切られていた。事故を受け、徳島県では15年、後退時の警報ブザーが付いた車に使用を義務づける初の条例が制定された。


 県から盲導犬事業を委託されている財団法人「徳島の盲導犬を育てる会」の杉井ひとみ事務局長は「(警報ブザー使用義務付けについて)法改正や各都道府県での条例制定の働きかけなどに取り組むことが一番の供養と思っている」と話した。


(福家司)

 

<関連記事>
(隣にいるよ:1) 盲導犬と事故死した男性 子どもたちに伝えたかった思いは・・・


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)