TOP > 秋田杉で作った大絵馬、今年は秋田犬の親子だワン!

トピックス

朝日新聞・朝日新聞|更新|2017/12/07

秋田杉で作った大絵馬、今年は秋田犬の親子だワン!

奉納式で清められる大絵馬=秋田市川尻総社町の総社神社
奉納式で清められる大絵馬=秋田市川尻総社町の総社神社

 新年の干支(えと)の「戌(いぬ)」の大絵馬が3日、秋田市川尻総社町の総社神社の参道に掲げられた。6畳分の秋田杉製で、秋田犬の親子が描かれている。楽しそうにじゃれあう3匹の子犬を、立派な尾を持つ雄犬と白い雌犬が見守っている。

 

地域の住民やボーイスカウトの子供たちに運び出される大絵馬
地域の住民やボーイスカウトの子供たちに運び出される大絵馬

 奉納式の後、約70キロの大絵馬が拝殿から担ぎ出され、ボーイスカウトの子どもたちや地域の住民ら約60人が見守るなかで設置された。来年末まで掲げられるという。

 

参道沿いに掲げられた大絵馬
参道沿いに掲げられた大絵馬

 2009年から大絵馬を描く、近くに住む水墨画家の飯塚洋三さん(84)は、絵馬に「歩けば思わぬ発見がある」と書き込んだ。「何もしなければ変化はない。前向きに積極的に行動することで、明るい年にしたいという思いを込めた」と話した。


(石川春菜)


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)