TOP > 猫と男の子の3年間の成長記録 母の目線で、支え合う姿を写す

トピックス

猫と男の子の3年間の成長記録 母の目線で、支え合う姿を写す

「ザクロとたい」から (ぴあ/もりもとりえ)
「ザクロとたい」から (ぴあ/もりもとりえ)

 13歳の白黒模様の猫「ザクロ」と、3歳の男の子「たい」が、本当の兄弟のように支え合って育ってきた3年間を追った写真集『ザクロとたい』(ぴあ)が出版された。


(末尾に写真特集があります)


 著者は、フォロワー約6万7千人の大人気インスタグラマー「@rie_mrmt」こと、もりもとりえさん。新潟市在住の専業主婦で、2歳の時から猫と暮らしている。生まれたばかりの息子「たい」と、当時9歳の「ザクロ」が友情や愛情を育んできた成長記録を写真と言葉でインスタグラムやブログで記録してきた。

 

「ザクロとたい」(ぴあ/もりもとりえ)
「ザクロとたい」(ぴあ/もりもとりえ)

「初めて会った弟をくんくんと嗅いで その日の夜には一緒に寝ていたザクロ。新米ママ、新米お兄ちゃん、生まれたての赤ちゃん、たい。新しい生活のスタート」(同書より)


「ザクロ」は、産まれたばかりの小さな「たい」を慈しむ。そんな「ザクロ」と生後3カ月で背丈が並んだ「たい」は、3歳になると「ザクロ」を抱きかかえられるほど大きくなった。仲睦まじい2人の写真に心を癒され、お母さんの優しい眼差しを通して書かれた数々の言葉には、生きること、思いやること、支えあうことの大切さを感じずにいられない。


 出版社の編集担当者に、同書のこだわりについて聞いた。


「日々育まれていく、ふたりの友情・愛情。少しずつ老いていく『ザクロ』を労わる『たい』の成長を伝えたいなと思いました」


 いつも寄り添う2人の様子からは、確かな絆が感じられ、無意識に小さく弱いものを慈しむ気持ちが伝わってくる。

 

「ザクロとたい」から (ぴあ/もりもとりえ)
「ザクロとたい」から (ぴあ/もりもとりえ)

「おすすめのカットは、『ザクロ』と『たい』の寝姿ツーショットです。このツーショットを年齢ごとの時系列で眺めることで、ふたりの絆が伝わってきます」


 更に、2人が自由に歩き回る清潔感のあるおしゃれな部屋もみどころ。猫と赤ちゃんと暮らす上での空間づくりも学べそうな一冊だ。


(安田有希子)

 

『ザクロとたい』
発行:ぴあ
著者:もりもと りえ
1,000円(税別)
A5 96P オールカラー


■sippoからのおしらせ

ネコの受診率がイヌに比べてとても少ないのを知っていますか?<ネコも動物病院プロジェクト>

前へ
「ザクロとたい」から (ぴあ/もりもとりえ)
次へ
出典:sippo
1/15
前へ
次へ

専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)