TOP > 秋田犬人気で「ふれあい処」、秋田市にも作りたいワン!

トピックス

秋田犬人気で「ふれあい処」、秋田市にも作りたいワン!

秋田犬「飛鳥」とふれあう来場者=秋田県のJR大館駅前の秋田犬ふれあい処
秋田犬「飛鳥」とふれあう来場者=秋田県のJR大館駅前の秋田犬ふれあい処

 えとの戌(いぬ)年にちなみ、注目度が増している秋田犬。「発祥の地」でもある秋田県大館市のJR大館駅前に昨夏オープンした「秋田犬ふれあい処(どころ)」には、冬になっても客足が絶えない。こうした人気の高さを受け、秋田市も、観光客が秋田犬と触れあえる施設の設置について検討を始めた。


 ふれあい処によると、1日の来場者は平日で30人、週末には100人が訪れるという。雌の「あこ」と「飛鳥」が交代で「出勤」。地域おこし協力隊の西山奈見さん(35)=福岡県出身=があこと、富澤彰子さん(35)=埼玉県出身=が飛鳥と一緒に暮らし、来場者への対応も担当している。


 ふれあい処では、犬にも安全な消毒液で手を消毒してから、秋田犬と10分程度触れ合う。秋田犬は温厚な性格で、これまで、犬がお客さんをかむなどの事故は起きていないという。


 来場者数は、開業時の8月は1カ月で2904人(1日平均207人)。さらに9月が692人(同46人)、10月が681人(同38人)、11月が753人(同42人)、12月が875人(同46人)となっている。今年は戌(いぬ)年だからか、1月は1182人(同62人、30日午前10時現在)と大きく伸びた。


 西山さんは「雪が多い冬になったら、来場者が減るかと思ったら、全然減らなかった」と驚く。出張や仕事の合間に訪れたと見られる、スーツ姿の来場者も少なくないという。今の悩みは「人気がありすぎて、犬2匹では忙し過ぎること」。あこも飛鳥も、少し疲れ気味だそうだ。


 ふれあい処は入場無料。開館時間は午前9時~午後3時半で、年末年始と毎週月・木曜休み(祝日の場合開館し、翌日休館)。イベント出張などによる臨時休館があるが、公式サイト(http://odate-akita-dog.tumblr.com/)でスケジュールを確認できる。

 

 

■会えるスポット、秋田市も検討へ

 秋田市の穂積志市長は1月19日の記者会見で、秋田港に寄港するクルーズ船の客を秋田駅まで運ぶ「クルーズ列車」の話題に触れ、「町歩きルートを提案したり、人気が高まっている秋田犬に触れあえる観光スポットを新たに設けたり、秋田らしいおもてなしによる市内観光を充実したい」と語った。


 福原淳嗣・大館市長は1月30日、朝日新聞の取材に「これをきっかけに、秋田市と大館市で、秋田犬を基軸に観光振興で連携が深まれば、こんなにうれしいことはない。全面的に応援する」と述べた。


 秋田市観光振興課の小山田邦子課長は「穂積市長は千秋公園か中心市街地に造りたい意向だが、具体的な開設時期や場所などは決まっていない。これから検討に入り、大館市と協議して行きたい」と話している。


(村山恵二)

 

<関連記事>

秋田犬が国内より海外で大人気! 中国では富裕層のシンボル

秋田犬人気、世界を駆ける 地元「将来はペットの聖地に…」


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)