TOP > 陶磁器2千個で作ったよ 犬のお雛さま、見に来てワン!

トピックス

陶磁器2千個で作ったよ 犬のお雛さま、見に来てワン!

今年の干支(えと)にちなんで犬をモチーフにした男びなと女びな=愛知県瀬戸市蔵所町
今年の干支(えと)にちなんで犬をモチーフにした男びなと女びな=愛知県瀬戸市蔵所町

 愛知県瀬戸市蔵所町の瀬戸蔵ミュージアムで瀬戸焼の茶わんや皿、鉢など約2千個を組み合わせたお雛(ひな)さまの「地上絵」が展示されている。今年の干支(えと)の「戌(いぬ)」をモチーフにしたユニークな表情が訪れる人の目を楽しませている。


 3日から3月4日まで瀬戸蔵を中心に市内で開かれる「第17回陶のまち瀬戸のお雛めぐり」に合わせた恒例の展示で今回が9回目。5、6千個ある館所蔵の陶磁器から色や大きさが適したものを選び、スタッフやボランティア計6人が5時間かけて制作した。大きさは縦3.6メートル、横5.4メートル。


 館内には千代紙2万枚を使った花飾りや折り鶴などのつるし飾りもお目見えし、彩りを添えている。地上絵の展示は3月4日まで(2月26日休館)。入場料は一般500円。65歳以上・高大生300円、中学生以下無料。問い合わせは同館(0561・97・1190)。


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)