TOP > トピックス

動物「拾いました」、年1000件 犬、猫、オウム…「飼い主、全力でさがす」 警察官がエサやりも

動物「拾いました」、年1000件 犬、猫、オウム…「飼い主、全力でさがす」 警察官がエサやりも

 犬や猫、鳥やカメ、はてはフクロウやハリネズミまで……。警視庁にはさまざまな動物が「落とし物」として届く。昨年の届け出は約1千件。傘や財布と違い、こうした落とし物が困るのは、放っておくと、体が弱ったり、死んでしまったりすることだ。警視庁は慎重に取り扱い、飼い主に返している。    5月下旬の午後。上野署に、千代田区に住…[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|動物愛護|話題|ペット,マイクロチップ,ヨウム,準遺失物,警視庁遺失物センター

朝日新聞デジタル

一人で苦しむ女の子に「見守っているよ」 心の涙、寄り添う猫が聴く「夜廻り猫」

一人で苦しむ女の子に「見守っているよ」 心の涙、寄り添う猫が聴く「夜廻り猫」

 国が2015年にまとめた「自殺対策白書」によると、過去約40年間で、18歳以下の自殺がもっとも多いのは9月1日でした。その日以外でも、学校の長い休みが明けた直後に増えています。  深谷さんは、「子どもは、自由にできる裁量が少ないですから、いじめに耐えながら、絶望的な気持ちで学校に向かう子もいると思います」と心配しています。  子どもたちが、悲しい気持ちで…[ 続きを読む ]

猫|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|いじめ,夜廻り猫,深谷かほる,自殺,遠藤平蔵

朝日新聞デジタル

マダニ感染症、猫からうつるの?

マダニ感染症、猫からうつるの?

■可能性が高い。野良猫にかまれた女性が感染し死亡した  Q マダニから人にうつる病気が、猫(ねこ)から人にうつったと聞いたよ。  A 野良猫にかまれた50代女性が昨夏、「重症(じゅうしょう)熱性血小板減少症候群(SFTS)」ウイルスに感染して亡くなった。マダニにかまれて人や哺乳(ほにゅう)動物がかかる病気として知られていた。  Q どんな病気なの?  A …[ 続きを読む ]

猫|健康|話題|マダニ,厚生労働省,感染,野良猫,SFTS

朝日新聞デジタル

「尾曲がり猫」の妖精ながにゃん おでこに気持ち表示、好きなものはカステラ! 長崎電気軌道ゆるキャラ

「尾曲がり猫」の妖精ながにゃん おでこに気持ち表示、好きなものはカステラ! 長崎電気軌道ゆるキャラ

 長崎市内を走る路面電車。この車体と同じ、緑とクリームのツートンカラーのネコ「ながにゃん」は、運行する長崎電気軌道の公式キャラクターだ。長崎の街によくいる「尾曲がり猫」姿の妖精。おなかのポケットは江戸時代に海外貿易の窓口だった長崎の「出島」の形。肩につけた電車型バックには大好物のカステラが入っているという。  ながにゃんは、長崎の路面電車開通100周年の2…[ 続きを読む ]

猫|ビジネス|話題|エンターテインメント|ながにゃん,ゆるキャラ,尾曲がり猫,路面電車まつり,長崎電気軌道

朝日新聞デジタル

「ほかの猫のおしっこ、嫌だニャ~」 岩手大など日米のチームが研究、糞尿被害の防止になるかも?!

「ほかの猫のおしっこ、嫌だニャ~」 岩手大など日米のチームが研究、糞尿被害の防止になるかも?!

 猫の尿の成分を塗っておくと、ほかの猫たちが糞(ふん)や尿を残さないことを岩手大学の宮崎雅雄准教授ら日米の研究チームが見つけた。犬のように自分の尿をかぶせず、猫はその場を離れる傾向があった。公園の砂場や家の玄関などでの猫の糞尿被害防止につながると期待される。  チームによると、猫が嫌がる臭いの忌避剤は市販されているが、慣れると効果が薄れるなどしていた。  …[ 続きを読む ]

猫|話題|ライフスタイル|動物行動学,岩手大学,忌避剤,猫のおしっこ,糞尿被害

朝日新聞デジタル

狂犬病ワクチン、どこで打つ…? 広がる格安料金、獣医師会は「集団接種に悪影響」と反発

狂犬病ワクチン、どこで打つ…? 広がる格安料金、獣医師会は「集団接種に悪影響」と反発

 飼い犬への年1回の接種が義務づけられている狂犬病ワクチンをめぐって、獣医師がもめている。自治体からの委託で集団接種をしている獣医師会の設定料金に対して、獣医師会に所属しない獣医師が格安で実施。愛犬家にはうれしいことだが、獣医師会は「国民の健康を守るワクチンなのに、このままでは接種率が下がってしまう」と反発する。いったい何が起きているのか。  本間獣医科医…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|ワクチン,接種,狂犬病,獣医師,獣医師会

朝日新聞デジタル

「譲渡活動を広げていきたい」 藤野真紀子さんら、sippo写真展ギャラリートーク

「譲渡活動を広げていきたい」 藤野真紀子さんら、sippo写真展ギャラリートーク

 愛犬家の料理研究家・藤野真紀子さんと、朝日新聞の太田匡彦記者によるペットに関するギャラリートークが20日、東京都新宿区の京王百貨店で開催中のsippo写真展「みんなイヌ、みんなネコ」で開かれた。藤野さんは殺処分前の保護犬を引き取った経験や、殺処分ゼロを目指すキャンペーン「TOKYO ZERO」の活動などを説明し、「譲渡活動を広げていきたい」と語った。 …[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|保護犬,保護猫,喜び,殺処分,譲渡

sippo

迷い犬の「だいず」、心をいやしてくれる存在に(オンリーわん&おんりーニャン)

迷い犬の「だいず」、心をいやしてくれる存在に(オンリーわん&おんりーニャン)

 ■だいず(オス 推定2歳)  昨年の秋、散歩の途中で迷い犬と出会いました。人懐っこいパグで、すぐ私に駆け寄ってきました。数日たっても飼い主が現れることなく、その時から我が家の一員となりました。  とてもおとなしくて優しい性格ですが、やんちゃで無邪気な一面もあります。一緒に遊べる時間がなかなかとれませんが、その分いっぱい愛情を注いでいます。  しわくちゃな…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|話題|ライフスタイル|パグ,保護犬,取手市,愛犬,迷い犬

朝日新聞デジタル

2日間で猫計300匹を紹介 「国内最大級」の保護猫譲渡会、新宿・京王百貨店で開催

2日間で猫計300匹を紹介 「国内最大級」の保護猫譲渡会、新宿・京王百貨店で開催

 東京・新宿の京王百貨店で19日、大規模な保護猫の譲渡会が始まった。同店のイベント「わんにゃんEXPO」の一環で、NPO法人「ねこけん」(東京都練馬区)と保護猫カフェ「ねこかつ」(埼玉県川越市)が主催した。20日までの2日間で計約300匹の猫を紹介し、新しい飼い主を募る。国内最大級の譲渡会で、都内のデパートで開かれるのは初めてだという。   (末…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|デパート,京王,保護猫,最大,譲渡会

sippo

「猫の存在は癒やし」「飼う責任も考えて」 sippo写真展で、とよたさんらギャラリートーク 

「猫の存在は癒やし」「飼う責任も考えて」 sippo写真展で、とよたさんらギャラリートーク 

 東京・新宿の京王百貨店で開催中のsippo写真展「みんなイヌ、みんなネコ」で19日、愛猫家の女優・とよた真帆さんと、朝日新聞の太田匡彦記者によるギャラリートークが開かれた。現在3匹の猫と暮らすとよたさんは「猫の存在自体すべてが癒やし」と、猫の魅力を語った。一方で「かわいいだけでなく、一生面倒を見る責任があることを飼う前に考えてほしい」とも話した。 …[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|ライフスタイル|保護猫,暮らし,純血種,譲渡会,魅力

sippo

207ページ中1ページ目を表示