TOP > トピックス

まるで本物! 超リアルな犬・猫の作り方を紹介した羊毛フェルト手芸本

まるで本物! 超リアルな犬・猫の作り方を紹介した羊毛フェルト手芸本

「まるで本物!」「今にも動き出しそう」――。リアルな羊毛フェルト作品の作り方を指南した手芸本『羊毛フェルトのスーパーリアルな猫と犬』(河出書房新社)が発売された。  著者は羊毛フェルト作家の第一人者「きりのみりい」さん。全国で羊毛フェルト教室を開催しており、熱心に通うファンも多い。“リアル”にこだわり続けて技術を磨き、本の中で、その…[ 続きを読む ]

犬|猫|話題|ライフスタイル|きりのみりい,プードル,ラグドール,手芸本,羊毛フェルト

sippo

ファンレターが届くニワトリ、「県鳥君」 県庁そばに住み着いて、癒やし系で人気

ファンレターが届くニワトリ、「県鳥君」 県庁そばに住み着いて、癒やし系で人気

 高知市の県庁西側の一角に、「県鳥君」と呼ばれる1羽のニワトリがすみ着いている。誰かが専用の小屋を作り、中に手紙が入れられることも。通行人にも人なつこく歩み寄り、県の鳥ヤイロチョウに負けない存在感を放っている。  県鳥君がいるのは、県が管理する高知公園の一角。雄とみられ、緑と茶の羽が美しい。カメラを向けると、「クックッ」とのどを鳴らして近づいてきた。 …[ 続きを読む ]

その他|話題|ニワトリ,県鳥君,高知公園,高知県庁,高知県教委文化財課

朝日新聞デジタル

がんで逝った姉が残した犬と猫 激動の日々を支え合って生きる

がんで逝った姉が残した犬と猫 激動の日々を支え合って生きる

 のりこさん(48歳)は都内のマンションで、2匹の猫と1匹の犬と暮らす。シンガプーラのピナ(16歳・雌)と、保護猫ルンルン(15歳の雑種・雄)、犬のヨーちゃん(10歳のヨーキーミックス)。  飲食店で忙しく働き、一人で暮らす彼女にとって、3匹はとても大事な家族だ。 「猫たちは、もともと7歳上の姉が飼っていたんです。姉は動物好きで、自然食などを置くペットショ…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|シンガプーラ,ペットショップ,ペットフード,ヨークシャーテリア,保護猫

sippo

黒猫の黒の助は美術館の「お庭番」! 夢二のねことコラボ展やってます

黒猫の黒の助は美術館の「お庭番」! 夢二のねことコラボ展やってます

 岡山出身の画家竹久夢二とデザイナー水戸岡鋭治さんのコラボ第2弾となる「夢二のねこと黑の助展」が、岡山市中区の夢二郷土美術館で開かれている。  黑の助は昨夏、車にひかれそうになったところを同館職員に助けられた黒猫で、夢二が描いた猫と似ていたことから12月に同館のお庭番に任命された。展示会では夢二の美人画やデザイン作品のほか、黑の助の部屋が設けられ、夢二が描…[ 続きを読む ]

猫|話題|夢二郷土美術館,水戸岡鋭治,竹久夢二,黑の助,黒猫

朝日新聞デジタル

カピバラの三つ子とカバの赤ちゃん公開中 神戸の王子動物園、名前も募集予定

カピバラの三つ子とカバの赤ちゃん公開中 神戸の王子動物園、名前も募集予定

 神戸市灘区の市立王子動物園でカピバラの三つ子とカバの赤ちゃんが生まれ、愛らしい姿が公開されている。同園は来園者を対象に名前を募集する予定。  同園によると、カピバラは先月21日、2歳の母「ちゅら」と6歳の父「なると」の間に生まれた。3匹とも生まれた当時は体長約25センチ、体重約1・5キロ(推定)。同園でカピバラの赤ちゃんが誕生するのは10年ぶり。カバは同…[ 続きを読む ]

その他|話題|カバ,カピバラ,名前募集,神戸市立王子動物園,赤ちゃん

朝日新聞デジタル

犬を飼う、育む思いやり 一緒に遊び、命への敬意 「動物介在教育」の効果とは

犬を飼う、育む思いやり 一緒に遊び、命への敬意 「動物介在教育」の効果とは

 子どもが生まれたら犬を飼いなさい――。英国の格言として、出典不明のまま広まっているこんな言葉があります。幼い頃から犬とかかわることで思いやりの心や命に対する敬意を育む「動物介在教育」を、家庭で実践する大切さをうたったものとされています。実際にどんな効果があるのか、探ってみました。  東京都杉並区の立教女学院小学校には、毎朝4匹の犬たちが登校してくる。吉田…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|かみつき,動物介在教育,学校犬,東京都杉並区,立教女学院小学校

朝日新聞デジタル

少子高齢化すすむ動物園 手厚い世話で世界最高齢も 若い動物の輸入は難しく

少子高齢化すすむ動物園 手厚い世話で世界最高齢も 若い動物の輸入は難しく

 進み続ける高齢化、その一方で深刻な少子化――。そんな傾向が、全国各地で続いている。そんなの知っている? いえ、これは人間ではなく、動物園のお話です。  上野動物園(東京都台東区)。天寿を全うし、旅立つ動物たちが相次いでいる。  2014年11月にはホッキョクグマ「ユキオ」が26歳でこの世を去った。国内最高齢だった。16年2月にはメスのインドライオン「チャ…[ 続きを読む ]

その他|話題|エンターテインメント|ワシントン条約,動物園,医学,少子,高齢化

朝日新聞デジタル

おやつと散歩が大好き! 犬のナッツが家族の真ん中に(オンリーわん&おんりーニャン)

おやつと散歩が大好き! 犬のナッツが家族の真ん中に(オンリーわん&おんりーニャン)

■ナッツ(オス 3歳)  下の子が小学生になったら子犬を飼う約束でした。ポメラニアンとチワワのミックス犬です。  おやつと散歩が大好きで、「おやつ」と聞くと目を丸くして耳を傾けます。何げなく「さんぽ」と言うと期待してしまうので、言葉には気を使います。遊んでほしくて気を引こうとする姿は憎めません。  子どもが泣くと一番に近づいて涙をなめてくれたり、ネコのよう…[ 続きを読む ]

犬|ライフスタイル|チワワ,ポメラニアン,愛犬,散歩,茨城県日立市

朝日新聞デジタル

臆病な捨て猫だったけど、今ではすっかり人に慣れたよ! 黒猫のくー(オンリーわん&おんりーニャン)

臆病な捨て猫だったけど、今ではすっかり人に慣れたよ! 黒猫のくー(オンリーわん&おんりーニャン)

■くー(メス 12歳)  捨て猫だったくーを拾ってきたのは、生後1カ月くらいの時でした。小柄な黒猫で、臆病なところがある猫でした。  今ではすっかり人に慣れ、お客さんになでてもらうとうれしそうに鳴きます。私が寝ようとすると、布団の上に載ってきて足踏み。お気に入りの場所は、コタツの中です。「くーがいないな」と思うと、いつもコタツの中で幸せそうな表情を浮かべて…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ライフスタイル|こたつ,愛猫,捨て猫,茨城県東海村,黒猫

朝日新聞デジタル

街中の動物愛護センター 祇園育ちの女優・杉本彩さんが紹介「売買される犬猫、その現実を変えたい」

街中の動物愛護センター 祇園育ちの女優・杉本彩さんが紹介「売買される犬猫、その現実を変えたい」

 女優の杉本彩(48)は憤っている。なぜ、日本では犬や猫をペットショップで購入するのか。どうして命がこれほど簡単に売り買いされてしまうのか。   (末尾に写真特集があります) 「先進国では異常なことですよ。犬や猫を家族として迎えるとき、保護された動物を譲り受けるという手段があることを、もっと知ってほしいんです」  5月初め、JR京都駅で近鉄電車に…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|京都市,動物愛護,動物愛護センター,杉本彩,譲渡会

朝日新聞デジタル

190ページ中3ページ目を表示