TOP > トピックス

ペット保険、3年で契約数1.5倍 犬猫の高額医療に備え 一部でトラブルも

ペット保険、3年で契約数1.5倍 犬猫の高額医療に備え 一部でトラブルも

 ペットの病気やけがに備える「ペット保険」への加入が増えている。人口減で飼育数は減っているが、医療技術が進んで高額な治療費がかかるケースが増えているためだ。市場拡大で損害保険大手も力を入れるが、一部で保険金を巡るトラブルも出ている。 「以前は『ペットにも保険があるんですね』と意外に思われることが多かったが、最近はめっきり減った」。ペット保険で大手のアニコム…[ 続きを読む ]

犬|猫|ビジネス|話題|ライフスタイル|ペット保険,動物病院,医療費,治療,自由診療

朝日新聞デジタル

お手柄! 嘱託警察犬シータ、行方不明の小学生2人を発見 サンダルが手がかり

お手柄! 嘱託警察犬シータ、行方不明の小学生2人を発見 サンダルが手がかり

 宮崎市内の小学生2人が4月下旬のある日の深夜に行方不明になった。翌日未明、薄着で寒さに震える姿を見つけたのは、「現場にめっぽう強い」という性格の嘱託警察犬だった。宮崎南署から10日、感謝状が授与された。  小学生2人の捜索が始まった午前0時を回る頃、嘱託警察犬指導士の児玉邦子さん(67)=宮崎市吉村町=の元に県警から「行方不明児童の捜索に協力をお願いした…[ 続きを読む ]

犬|話題|宮崎市,捜索,行方不明,警察犬,迷子

朝日新聞デジタル

海外でも人気の秋田犬、観光誘致の「顔」に 最大ターゲットは台湾

海外でも人気の秋田犬、観光誘致の「顔」に 最大ターゲットは台湾

 国内外で人気の高い秋田犬(あきたいぬ)。英語で「アキタ」と言えば、秋田犬がイメージされるほどだ。発祥の地である秋田県大館市や県は、外国からの旅行客(インバウンド)を増やそうと、秋田犬を観光の「顔」として前面に押し出す。最大のターゲットは台湾だ。 「かわいい! 触りたーい」。6日、秋田犬の雌の「あこ」が、JR大館駅前で観光客らに囲まれていた。4月末、姉妹犬…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|エンターテインメント|インバウンド,ハチ公,秋田犬,秋田県,観光

朝日新聞デジタル

廃業の猫カフェの猫を引き取って開店 保護猫カフェ「ひとやすみ」

廃業の猫カフェの猫を引き取って開店 保護猫カフェ「ひとやすみ」

 保護された捨て猫や野良猫もいる「猫カフェ」が名古屋市中心部のオフィス街にある。店名は「ひとやすみ」。まったりとくつろげる場所は、保護猫を新しい飼い主に橋渡しする役割もある。店長の佐藤基広さん(53)は「かわいらしい猫の多くが殺処分されている。猫を飼う時は、ペットショップだけに目を向けないで」と話す。  名古屋市中区錦3丁目のビルの2階。桜通を見渡せる一室…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|保護猫,名古屋,殺処分,猫カフェ,飼い主

朝日新聞デジタル

猫の保護活動を“仕事”にしたネコリパブリック代表 ビジネス書でもある“猫助け本”

猫の保護活動を“仕事”にしたネコリパブリック代表 ビジネス書でもある“猫助け本”

「すべての猫に安心して眠れる場所と、お腹いっぱいになれる幸せを与えるために」――。「ネコリパブリック」は、そんな願いのもと、保護猫カフェの入場料やグッズ販売などの利益で猫の保護活動を行っている。岐阜から始まり、東京、大阪などにカフェを展開し、テレビなどにも取り上げられ、注目を集めている。昨年暮れ、その成り立ちがわかる本「ネコリパブリック式楽しい猫助け」(河…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|ビジネス|話題|ネコリパブリック,ビジネス,保護猫カフェ,河瀬麻花,猫助け

sippo

インスタで人気爆発、柴犬界の新星 くりくり目、ふわもこ系「だいふく」初の写真集

インスタで人気爆発、柴犬界の新星 くりくり目、ふわもこ系「だいふく」初の写真集

 チャームポイントはくりくりの目、短めの足。お出かけ大好き、人も好きすぎて挨拶代わりに顔なめをせずにいられない……愛嬌たっぷりで、インスタグラムのフォロワーは25万人、毎日1万もの「いいね!」がつく。柴犬界で大注目の「だいふく」の写真をまとめた写真集「柴犬だいふく」(扶桑社)が出版された。   (末尾に写真特集がありま…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|くりくり,ふわもこ系,インスタ,写真集,柴犬

sippo

ペットと人の関係、命と向きあって考えてみた 農業高校の生徒が「猫カフェ」訪問

ペットと人の関係、命と向きあって考えてみた 農業高校の生徒が「猫カフェ」訪問

 北海道帯広市の帯広農業高校の生徒20人が4月に「猫カフェ」を訪ね、人と愛玩動物との関係がどうあるべきかを学んだ。  酪農科学科の3年生で、普段は家畜の牛や豚、鶏と接している。動物の命を考える授業の一環として、NPO法人「猫たちを守る十勝Wishの会」が運営するカフェを初めて訪れた。 「猫カフェWish」は同市東2条南2丁目にあり、飼い主に捨てられたり、飼…[ 続きを読む ]

猫|動物愛護|話題|保護猫カフェ,北海道帯広市,十勝Wishの会,帯広農業高校,野良猫

朝日新聞デジタル

公営のドッグラン、できたよ! 山口・萩市が県内に初めて開設 市外の人も利用OK

公営のドッグラン、できたよ! 山口・萩市が県内に初めて開設 市外の人も利用OK

 愛犬を自由に遊ばせることができる有料施設「萩ドッグラン」が、山口県萩市椿東の陶芸の村公園内に完成した。県内初の公営ドッグランで、市は幅広い利用を呼びかけている。  施設は、体高40センチ以上の大型犬エリア(700平方メートル)と小型犬エリア(300平方メートル)に分かれており、それぞれ犬専用の水飲み場とトイレがある。  また、飼い主らが利用するベンチ4基…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|ペット専用施設,公営ドッグラン,山口県萩市,萩ドッグラン,陶芸の村公園

朝日新聞デジタル

「世界でたった一つの動物園」 渋川動物公園の誕生秘話、園長が出版

「世界でたった一つの動物園」 渋川動物公園の誕生秘話、園長が出版

 ヤギやヒツジが放し飼いにされ、山あいを散歩しながら動物に触れあうことができる。そんな渋川動物公園(岡山県玉野市渋川3丁目)の宮本純男園長(79)が、園への思いをまとめた書籍「世界でたったひとつの動物園 渋川動物公園ができるまで」を自費出版した。  山の起伏に沿った3万坪ほどの敷地には、約80種600頭・羽の動物がいる。キリンやゾウはいないが、乳を飲む子ヤ…[ 続きを読む ]

その他|話題|ライフスタイル|動物園,宮本純男,岡山県玉野市,渋川動物公園,自費出版

朝日新聞デジタル

金髪の犬グウィネスはみんなを笑顔にするチャペル館長 ホテルのウェディング担当・松下倫也さん(40)

金髪の犬グウィネスはみんなを笑顔にするチャペル館長 ホテルのウェディング担当・松下倫也さん(40)

■式場和む、笑顔の名脇役  和歌山県庁そばのホテルアバローム紀の国のホテルマンで、ウェディング担当。必要な資質を「笑顔、姿勢、マナー」と話す。笑顔は、口角を上げつつ自然に。忙しくてもドタバタ走るのは厳禁。おもてなしのプロの道は険しく、「最初はみんな真っ白な状態からスタートします」。  しかし、部下の中に期待の新顔がいるという。研修もそこそこに、抜群の愛らし…[ 続きを読む ]

犬|話題|ウェディング,ホテルアバローム,和歌山市,癒やし,看板犬

朝日新聞デジタル

190ページ中4ページ目を表示