TOP > トピックス

神社の「ご神犬」すずひめ号、世界遺産PRにがんばるワン!

神社の「ご神犬」すずひめ号、世界遺産PRにがんばるワン!

 世界遺産のご神犬のお出ましだワン――。高野山とゆかりが深い世界遺産丹生都比売(にうつひめ)神社(和歌山県かつらぎ町)に、紀州犬「すずひめ号」(生後11カ月・メス)が、「ご神犬」として奉献された。2018年の干支(えと)、戌(いぬ)年にちなみ、毎月16日の祭礼日に同神社に参拝し、神社のシンボルとして世界遺産のPRをする。   (末尾に写真特集があ…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|すずひめ号,世界遺産,丹生都比売神社,紀州犬,高野山

朝日新聞

純和風な犬! 柴犬「豆助」 番組とともに愛され20代目

純和風な犬! 柴犬「豆助」 番組とともに愛され20代目

 唐草模様の風呂敷を首に巻き、ちょこちょこと走る柴犬「豆助」。テレビ東京系の番組「和風総本家」(毎週木曜夜9時)の人気マスコットだ。現在すでに20代目。写真集も出るなど、愛され続けている。   (末尾に写真特集があります) ◆初代は成犬だった?!  番組はテレビ大阪制作で、2008年春に始まった。「和」をテーマに、職人技などをクイズを交えて紹介す…[ 続きを読む ]

犬|ビジネス|話題|エンターテインメント|マスコット,和風総本家,子犬,柴犬,豆助

朝日新聞

ペット連れ歓迎! 愛犬との初詣ができる神社、お祓いも

ペット連れ歓迎! 愛犬との初詣ができる神社、お祓いも

大阪、神奈川、静岡の神社紹介  犬好きにはうれしい、戌(いぬ)年。カレンダーも、お年玉のぽち袋も、年賀状も、犬がいっぱい! そんな正月には、ぜひ犬と一緒に初詣をしたい。でも、動物連れの参拝を許可していない所も多い。東京以外のペット連れ歓迎の神社をご紹介します。なお、初詣は混雑が予想されるので、リードをつけるなどルールを必ず守ってお参りしましょう。 …[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|ライフスタイル|お祓い,ペット連れ,初詣,戌年,神社

sippo

イヌ年は愛犬と一緒に初詣 お祓いも受けられる都内の神社

イヌ年は愛犬と一緒に初詣 お祓いも受けられる都内の神社

 戌(イヌ)年の今年、愛犬と一緒に初詣をしたい、祈祷を受けたいと思う人も多いはず。ペットお断りの神社寺院が多い中、ペット同伴で参拝できる神社として有名な市谷亀岡八幡宮(東京都新宿区)を訪ね、ペットを受け入れ始めた経緯や心がけなどについて聞いた。   (末尾に写真特集があります)   ●市谷亀岡八幡宮 (新宿区市谷八幡町)  市ケ谷駅(J…[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|健康|話題|ライフスタイル|お守り,ご祈祷,初詣,参拝,神社

sippo

まるで童話! 大きな犬3匹と小さな女の子、かわいい写真集

まるで童話! 大きな犬3匹と小さな女の子、かわいい写真集

 大きな犬・スタンダードプードル3匹と、小さな女の子“まめちゃん”。そのかわいい日常を切り取った写真集 『大きなボク 小さなわたし』 (KADOKAWA)が発売された。犬と子どもの仲良しぶりに、見ていると、ほっこり幸せな気持ちになれる写真集だ。   (末尾に写真特集があります)    スタンダードプードルは、人間…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|たまねぎ,スタンダードプードル,プードル,写真集,子ども

sippo

病の子によりそう「ファシリティードッグ」、絵本に!

病の子によりそう「ファシリティードッグ」、絵本に!

 横浜市南区の県立こども医療センターで、重い病気のため入院や通院を続ける子どもたちや家族に寄り添い、癒やしの存在として活躍中のゴールデンレトリバー「ベイリー」。今月、10歳の誕生日を迎え、記念にベイリーが主人公の絵本も発売された。  ベイリーはオーストラリア生まれのオスで、体重約30キロ。米国ハワイで専門の訓練を受け、静岡県立こども病院を経て2012年7月…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|こども医療センター,ゴールデンレトリバー,ファシリティードッグ,ベイリー,ベイリーとさっちゃん

朝日新聞

飲酒運転ゼロを祈り、鉄オブジェ 今年は愛犬がモデルに

飲酒運転ゼロを祈り、鉄オブジェ 今年は愛犬がモデルに

 飲酒運転撲滅の願いを込めた干支(えと)のオブジェが毎年作られている。宮若市の鉄造形作家、石橋鉄心さん(73)は、福岡市で幼いきょうだい3人が死亡した飲酒運転事故があった2006年の年末から制作を始めた。一回りした今回で区切りにするつもりだが、事故は今も絶えない。「自覚を持って」と願う。  石橋さん主宰の「鉄の美術館」の入り口に今年も作品が設置された。来年…[ 続きを読む ]

犬|話題|ライフスタイル|オブジェ,柴犬,福岡県宮若市,鉄の美術館,鉄造形作家

朝日新聞

心に傷を負った犬の「不思議な行動」 寄り添った夫婦の思い

心に傷を負った犬の「不思議な行動」 寄り添った夫婦の思い

 千葉県内の夫婦のもとにやってきた1匹の保護犬。殺処分寸前のところを助け出されたその犬は、心に傷を負っていた。繰り返される不思議な行動、病気、そして老い。それらを丸ごと受け入れ、夫婦で「家族の一員」に寄り添った。  2匹いた愛犬を立て続けに亡くし、長女(33)が嫁いでいくと、竹花家は急に静かになった。  夫・晃さん(70)は「自分たちの年齢的にこれから若い…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|がん,ゴールデンレトリバー,介護,保護犬,高齢犬

朝日新聞

戌年は知名度アップ?犬山市で「わん丸君」にバトンタッチ!

戌年は知名度アップ?犬山市で「わん丸君」にバトンタッチ!

「酉(とり)」から「戌(いぬ)」へバトンタッチ――。愛知県犬山市で26日、「干支(えと)リレー」があり、犬をモチーフにした同市の公式キャラクター「わん丸君」が、姉妹都市の富山県立山町の公式キャラ「らいじい」(ライチョウがモチーフ)からバトンを受け取った。  来年の干支の戌年にあやかり、全国で唯一「犬」が付く自治体として、市の知名度アップにつなげる取り組みの…[ 続きを読む ]

犬|その他|ビジネス|話題|ライフスタイル|エンターテインメント|らいじい,わん丸君,干支,戌年,犬山市

朝日新聞

シカと犬の鳴き声で電車と接触防止! 鉄道総研がつきとめる

シカと犬の鳴き声で電車と接触防止! 鉄道総研がつきとめる

 列車とシカが接触する事故を防ぐため、走行中の列車からシカと犬の鳴き声を流すと効果があることを鉄道総合技術研究所(東京都)が突き止めた。シカは線路から遠ざかり、車内から見えるシカが4割以上減ったといい、新たな事故防止対策として来年度中の実用化を目指している。  鉄道総研によると、シカは危険を感じると、「ピャッ」という甲高い声を短く繰り返し、仲間に伝える習性…[ 続きを読む ]

犬|その他|動物愛護|話題|ライフスタイル|シカ,国交省,忌避音,犬の鳴き声,鉄道総合技術研究所

朝日新聞

238ページ中5ページ目を表示