TOP > 第59回 逃げられないと猫は捨て身の「攻撃」に出る! 病院でも「追いつめない」のが大事

村田香織・sippo|更新|2017/09/27

第59回 逃げられないと猫は捨て身の「攻撃」に出る! 病院でも「追いつめない」のが大事

見つからないようにじっとする野良猫
見つからないようにじっとする野良猫

 猫はもともと、げっ歯類などの小さな動物を捕らえて食べる肉食動物ですが、猫自身も他の肉食動物に食べられてしまう立場の動物です。そのためとても警戒心が強く臆病です。


 恐怖を感じたときに動物がとる行動として3つのFと言われる行動があります。それはFreeze(固まる)、Flight(逃げる)、Fight(戦う)です。危険を感じるとまずは捕食者に見つからないように動きを止めます。我々人間は動かないものでもすぐに見つけることができますが、多くの肉食動物は、(動くものには敏感でも)動かないものを見つけるのは苦手。ですので、動きを止めることで難を逃れようとするのは理にかなっています。


 また相手に見つかってしまった場合、逃げることができる距離であれば戦うよりも逃げることを選択します。したがって追いつめることがなければ、通常は攻撃されることはありません。道ばたなどで人に慣れていない野良猫に近づくと一瞬動きが止まり、それ以上近づけば逃げてしまいますね。したがって恐がっている猫に近づいたり、無理に触らなければよいわけです。


 それができない場合、つまり猫が隠れたり逃げたりすることができないと感じるほど追い詰められると、攻撃に転じることがあります。まさに「窮鼠(きゅう・そ)猫をかむ」というように、勝ち目がないような相手に対しても攻撃的に向かっていきます。捨て身になって激しく攻撃すると、相手がひるんだ隙に運よく逃げることが出来ることもあるからです。


 問題は、このような経験をすると、それが成功体験として学習されるため、同じような状況になると隠れたり逃げたりするよりも攻撃することを選ぶようになります。したがって「攻撃するまで猫を追い詰めない」ということが極めて大切です。


 しかしながら動物病院ではどうしても必要な検査や処置もあります。猫が動物病院での診察や治療を自分のためだと理解することはできませんし、動物病院では逃げることも隠れることもできない状況なので、攻撃的になるのはある意味無理もないと言えます。これを回避するために、私たちはできるだけストレスの少ない診察を心がけています。


 なるべく、「隠れている」という安心感を持たせるためにバスタオルなどで覆ってから、そっと熱を計ったりやさしく体を触ったりするようにしています。幸い、多くの猫は診察の間、緊張してもパニックになるよりむしろ固まって動かない場合が多いのです。それでも猫が追い詰められたと感じるとパニックになることもあるため、少しでもストレスを減らす工夫が必要です。そのためには、動物病院に来た時だけの工夫では限界があります。


 第51回 こねこ塾で伝えたいこと⑪(猫の「通院ストレス」、少しでも減らしてリラックスさせる方法は?)を参考に、飼い主さんも協力していただければありがたいと思います。

村田香織

村田香織(むらた・かおり)

もみの木動物病院(神戸市)副院長。イン・クローバー代表取締役。日本動物病院協会(JAHA)の「パピーケアスタッフ養成講座」メイン講師でもある。


イヌとネコの「こころの診療科」よりの記事


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)