TOP > 連載・コラム

第11回 米国の動物介在プログラム(前編) 犬猫にも受刑者にもメリットがある

第11回 米国の動物介在プログラム(前編) 犬猫にも受刑者にもメリットがある

  第4回 、 第5回 のコラムでは、アメリカ初の“プリズン・ドッグ”プログラムであるワシントン州の「プリズン・ペット・パートナーシップ」(PPP)について書いた。じつはワシントン州では矯正局をあげて動物介在プログラムを奨励しており、詳細なガイドラインもできている。全部で12ある刑務所(内二つは女子刑務所)には、なんと犬のプログラム…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|話題|プリズン・ドッグ,ワシントン州,保護猫,動物介在プログラム,盲導犬パピー

sippo

第50回 飼い主とイヌの関係は「親子関係」そのもの たたくのは「虐待」です!

第50回 飼い主とイヌの関係は「親子関係」そのもの たたくのは「虐待」です!

 飼い主さんからよく受ける質問があります。それは「犬が私の言うことを聞かないのは自分の方がえらいと思っているからでしょうか?」というものです。おそらく犬には偉いとか偉くないというような概念すらないでしょう。殴りつけていうことを聞くようになったとしたら、それはその人を「偉い」と思うようになったからではなく、「怖い」と思うようになっただけです。暴力が尊敬の念を…[ 続きを読む ]

犬|ライフスタイル|体罰,優位性,恐怖心,親子関係

sippo

第71回 同時に保護された運命の犬3頭 ミニピンでつながる「ママ友」からの近況報告

第71回 同時に保護された運命の犬3頭 ミニピンでつながる「ママ友」からの近況報告

 ハンターが、同時にミニピンばかり3頭一緒に保護していただいたうちの1頭であることは、これまでに何度か書かせていただいています。  その3頭は、別々の飼い主の家で暮らしています。最初、そのうちの2頭、ハンターと一騎くんのお世話をしてくれていたのが、動物愛護団体the VOICEさん。  2年前の動物愛護週間のとき、そのVOICEさんが開催した講習会で前後の…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ママ友,ミニピン,保護,動物愛護,近況報告

sippo

おしえて!しっぽ情報局 vol.23

おしえて!しっぽ情報局 vol.23

 集英社クッキーで人気連載中、斉藤倫先生の「路地裏しっぽ診療所」とsippoのコラボ連載。なんと、sippo限定描き下ろし!  ご自身も保護猫活動をされている斉藤先生の、本誌では読めないエピソードは必見です。今回は、トラブルの原因「ノーリード」ペットを飼うマナーを改めて考えてみましょう。   「路地裏しっぽ診療所」①②③④巻 集英社マーガレットコ…[ 続きを読む ]

犬|ライフスタイル|リード,事故,保護,安全,散歩

sippo

第49回 「こねこ塾」で伝えたいこと⑩ 日常生活での「社会化」トレーニング! アイデアあれこれ

第49回 「こねこ塾」で伝えたいこと⑩ 日常生活での「社会化」トレーニング! アイデアあれこれ

 現代の日本のほとんどの地域で、猫をひとりで外出させることは、交通事故や感染症、猫同士の抗争、近隣への迷惑行動などの観点からお勧めできません。室内飼育が基本となりますが、猫は犬と違って散歩などで外出する機会がありません。子猫期に全く外出の機会がなければ社会化不足や刺激不足になりやすく、それが原因で問題行動を起こすこともあります。猫が正常な発達を遂げ、人間社…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|キャリー,外出,子猫,慣らす,社会化

sippo

あなどれない歯の病気 子犬、子猫のうちに歯磨き習慣を

あなどれない歯の病気 子犬、子猫のうちに歯磨き習慣を

:飼い犬の口臭が気になります。 :口臭がするときは、まず口のなかをよく観察しましょう。歯茎が赤くなっていれば歯肉炎を起こしています。症状が進行してくると、歯肉(しにく)から出血している場合もあります。歯肉炎の段階で治療を始めてあげればもとの状態に戻りやすいので、早めに動物病院に行って下さい。なお犬や猫では、虫歯になるケースは少ないです。 :歯肉炎に気づけな…[ 続きを読む ]

犬|猫|健康|ペットの健康,歯周病,歯磨き,肝臓病

sippo

第70回 裸の季節がやってきた! 保護犬ハンター、さっそく服を脱ぎました

第70回 裸の季節がやってきた! 保護犬ハンター、さっそく服を脱ぎました

 わずか3頭の“統計”ではありますが、ミニピンたちと暮らし始めて14年が経って、もっとも言えるのは、彼らはとにかく寒がりだということです。  理由としては、短毛であること。ピンとココについては南国・沖縄生まれであることなどが考えられます。  以前、『天才!志村どうぶつ園』(日本テレビ系)の作家をしていたとき、会議の席上で、「犬に服を…[ 続きを読む ]

犬|ライフスタイル|ミニピン,寒がり,服,皮膚,裸

sippo

杉本彩&でんじろう 私がこの子に選ばれた? 深い縁で結ばれた相棒

杉本彩&でんじろう 私がこの子に選ばれた? 深い縁で結ばれた相棒

幼いある日、理不尽にも愛する動物と引き離された。その辛(つら)い経験が、彼女の動物保護運動の原点となった。 そこに助けを求める命がある限り、手を差し伸べ続ける。 文/浅野裕見子 撮影/岡田晃奈  チワワのでんじろう(でんちゃん)との出会いは、今から5年ほど前。管理しきれず飼育放棄に至ったパピーミル(※1)から、保護団体によって救出された犬だった。当時、でん…[ 続きを読む ]

犬|動物愛護|ライフスタイル|保護活動,保護犬,動物愛護,愛犬,著名人

sippo

第18回 子犬、子猫の販売規制 速やかに「8週」導入を

第18回 子犬、子猫の販売規制 速やかに「8週」導入を

 第2次世界大戦の終結に一役買った、日本人の運命を左右した「誤訳」がある。  日本がポツダム宣言を受諾するにあたり米国は「天皇及び日本国政府の国家統治の権限は(中略)連合国軍最高司令官に“subject to”する」と伝えてきた。subject toを普通に訳せば「従属・服従する」となる。だが当時の外務省は「制限の下に置かれる」と訳…[ 続きを読む ]

犬|猫|動物愛護|動物取扱業者,動物福祉,動物行動学,8週齢規制

sippo

映画監督 犬童一心と猫 風水師のお告げで犬小屋! 猫は?

映画監督 犬童一心と猫 風水師のお告げで犬小屋! 猫は?

 私の作品を愛してくれる中国のプロデューサーに依頼されて中国映画を作ることになり、上海の制作会社に通っている。中国の映画産業はまさに隆盛。スクリーン数は年ごとにその数を増やし、今年中に4万5千になるという話を聞いた。日本は3千スクリーンぐらいだから、その規模の大きさに愕然(がくぜん)となる。  産業としてまだ新しく、スタッフは若く熱い。事務所もお洒落(しゃ…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|中国,犬小屋,野良猫,風水,風水師

sippo

40ページ中2ページ目を表示