TOP > 連載・コラム > イヌとネコの「こころの診療科」より

イヌとネコの「こころの診療科」より

第20回 2月の日なたぼっこ プリアと最後に味わった太陽の恵み

 今年も、私の一番好きな季節がめぐってきた。2月から3月にかけての早春である。  この季節になると思い出すのはプリアという名の美しいシャムミックスの雌猫だ。  まだ私が獣医大学の学生だったころ、研究室に2頭の子猫が引き取られてきた。このうちの1頭を私が飼うことになり、18歳で腎不全になって亡くなるまで一緒に暮らした。 「腎不全」は「がん」などとともに猫の死…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|わかれ,病気,腎不全

sippo

第19回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その7

 動物には、それぞれの種によって正常な行動のレパートリーがあります。そしてその種の動物が本来持つレパートリーに含まれる行動をすることによって、幸福感を感じることができます。  猫の行動レパートリーの中で最も重要なもののひとつが、捕食行動です。猫は本来であれば毎日、獲物を追いかけ、捕まえて食べなければ、生きていけない動物種です。そのため、捕食行動に関わる行動…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物行動学,室内飼い,獣医師

sippo

第18回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その6

 爪とぎは、猫にとって古くなった爪の外層を取り除いて爪をとがらせるためのグルーミング行動であるとともに、自分のなわばりにしるしをつけるためのマーキング行動でもあります。爪とぎを行った場所には爪の痕やはがれた爪が残されて視覚的なマーカー(目に見えるしるし)となり、同時に掌にある皮脂腺から分泌されるフェロモンが爪を研いだ場所に付着し、嗅覚的なマーカー(匂いのし…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物行動学,爪とぎ,獣医師

sippo

第17回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その5

 猫は生後5~6週齢ぐらいで、排泄場所の条件付けができると言われています。したがってできるだけ早い時期に適切な場所で排泄するように習慣づけておくことが、トイレのしつけ成功の秘訣です。  もともと砂状の場所で排泄する習性がありますので、食後や寝起きなど排泄しそうな時に、タイミングよく砂の入った猫トイレに入れるようにするだけで、猫トイレを使うようになります。ペ…[ 続きを読む ]

猫|ライフスタイル|しつけ,トイレ,動物行動学

sippo

第16回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その4

安心して眠れる場所  猫は一日の3分の2を寝て過ごすと言われています。一日中同じ場所で眠るのではなく、季節や時間によって日当たりの良い場所、暖かい場所、静かな場所などを選んで移動します。  普通は、わざわざスペースを作らなくても猫が自分でお気に入りの場所を見つけるものですが、家庭環境によっては安心して眠る場所が十分に確保されていない場合もあります。特に小さ…[ 続きを読む ]

猫|健康|ハンター,動物行動学,室内飼い

sippo

第15回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その3

上下運動ができるスペース  猫の祖先種とされるヤマネコは森林で暮らし、上下運動をする動物です。ですから、自由に外出する猫は屋根に上ったり、塀の上を歩いたり、木に登ったりします。  そのため室内で飼育する猫が猫らしく生活するためには、上下運動ができるスペースが必要です。本棚やテレビの上などに猫が休めるスペースを作ったり、キャットタワーを置いたりして、猫が上下…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物行動学,室内飼い,猫

sippo

第14回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その2

飲み水について  猫の起源はリビアヤマネコで、古代エジプトで家畜化されたと考えられています。  もともと砂漠出身であった猫は、水を有効に使う必要があったため、ほかの動物に比べて濃縮された尿を排泄します。そのため猫は泌尿器のトラブルが多く、膀胱炎、尿石症、腎不全などの病気にかかりやすいのです。ですから、猫にいかに水を飲ませるかは、飼い主にとってたいへん重要な…[ 続きを読む ]

猫|健康|室内飼い,猫草,飲み水

sippo

第13回 猫のニーズとは? 室内飼いの猫に必要な環境 その1

 前回もお話ししましたように、猫の問題行動は猫に原因があるというよりも、猫にとって必要な環境が与えられていないために起こっていることが多いのです。  健康に長生きさせるためには室内飼いをおすすめしますが、室内飼育は猫にとって刺激不足になりやすく、それが原因でさまざまな問題が起こることがあります。たとえば過剰なグルーミング、飼い主や同居動物への攻撃行動、運動…[ 続きを読む ]

猫|健康|動物行動学,室内飼い,食事

sippo

第12回 「五つの自由」から考える 室内飼いの猫に必要なもの

 動物福祉の基準である5原則(Five freedoms)をご存じでしょうか? もともとは1960年代に英国で家畜福祉向上のために定められたものですが、今やアニマルウェルフェア(動物福祉)の国際的な基準として広く浸透しています。  ペットはもちろん我々の食料となる産業動物をはじめ、動物園などの展示動物や実験動物などを含め、人間がかかわるすべての動物に対して…[ 続きを読む ]

猫|健康|五つの自由,動物行動学,猫

sippo

第11回 事故、病気、苦情……猫は室内飼育がオススメ

 私は猫についての話をするとき、いつもその会場で「事故に遭って無残な姿になった猫の死体を路上で見たことがある人は手をあげてください」と参加者に問いかけてみます。  すると全国どこの会場でもほとんどの人が手を上げます。会場に居合わせた人たちがたまたま同じ猫を見たとは考えられないので、おびたただい数の猫が交通事故で死んでいることになります。  現在の日本で、交…[ 続きを読む ]

猫|健康|交通事故,室内飼い,野良猫

sippo

6ページ中5ページ目を表示