相談・獣医師回答・コメント

おさち(質問主)


猫アイコン 猫 18歳 メス 雑種

体重:2.2kg

飼育歴:18年4ヶ月

居住地:和歌山県田辺市

飼育環境:室内

猫の腎不全の治療について6月24日に相談にのって頂いた者です。6月25日に、呼吸は日々悪化している事、眠らない事、頻繁に体勢の向きを変える事。いつも伏せの体勢でいる事。体を触る事、特に抱っこを嫌がり体を横にして持ち上げてる事、早くから、抱っこの時に呼吸が速くなり息がしんどそうだった事をA病院に伝えた所、胸のレントゲンをしました。その結果、肺に水が貯まってるとの事で、血液検査もします。となりました。BUN108.5 Cre7.4 HCT17.4です。リン、カリウムは調べていません。胸の水を抜く時にショック死する事もありますと言われましたが、確率は分からずその子次第と
言われ、今の体でそのリスクがどの位なのか全く分かりませんでした。
ただこのままだとしんどい状態が続くと言われ抜いてもらいました。点滴出来ないと言われ今日だけの事を言ってると思ったのですが、今後ずっとと分かりました。血液検査結果を見てB病院の6月17日検査の時よりかなり悪くなってますね。と言われ、今後は変化があれば行く事になっています。
水はまた貯まるので、また抜くとの事でした。
A病院は何も食べていないと数値が下がるのは当たり前で、貧血の注射は出来る回数が決まっていて、一時的に良くなるだけで、命を縮める事になる。一時的にでも食べる姿を見たのであれば、そうします。と教えてくれた所です。
6月17日夕方から食べてる事は伝えています。A病院の説明からすると、数値が上がるのは当然ではないでしょうか?。それと何故今後治療出来ないのに血液検査をしたのでしょうか?。
セカンドオピニオンで6月17日に行ったB病院ではBUN38.2 Cre4.8 HCT16.5で貧血の注射を週3回、数値良くなるまで続けるのを加えるとの治療方針でした。
5月16日以外は、5月13日から毎日点滴をし、5月28日に左足が浮腫があるとの事で、その日は量は減らしました。その後度々足がむくんでる日はありましたが、毎日の点滴は続き、6月6日は両手がパンパンになり、以降、点滴後は胸がブヨつき両手が腫れました。
伝票には毎回皮下輸液単価2000 数量0.5 金額1.000となっていて、口頭で今日減らしときます。といわれるだけなので、量は全く分かりません。
水を抜いたあとは、以前に比べ息はかなり楽そうに見えますが、時々しんどそうな時があります。
食事中は頻繁に居場所を少しずつ変えます。
良く眠っている所を見ていません。A病院の言うように何かあった事に対して対処していくのみでいいのでしょうか?今、すべき治療はないのでしょうか?勿論治らない事は分かっています。もしあるなら、A病院にお願いすべきか、別の所に行くべきかも考えています。

しかし、別の病院に行っても現在の体の状態は把握してもらえるでしょうか?例えば水を抜くか抜かないかの判断とかです。別の病院となると近くても片道30分位かかりますが、体への負担はないのでしょうか?
貧血の注射をした方が良いのであれば、それはA病院で良いのでしょうか?それとも注射についての認識が違う所では、辞めた方が良いでしょうか?
A病院はこの子が快適に過ごせるように、少しでも家族との時間を大切にとの考えですが私もです。でもこれまでの治療と考え方が一致してない様に思え、この子の事も「見ていない」様に思えてきて、今後もお世話になるべきか迷っています。

日時2017-06-28 17:50:52

専門の獣医師からの回答

 

この相談にコメント・回答する

コメントするにはログインが必要です