相談・獣医師回答・コメント

レオ(質問主)


猫アイコン 猫 14歳 オス アビシニアン

体重:4kg

飼育歴:14年0ヶ月

居住地:香川県丸亀市

飼育環境:室内

・現在の状態(皮膚など外見、動作、体重変化、食欲、排泄物の様子、飼い主への反応など)

・経緯・状況の変化

過去にかかった病気:なし
今回の症状が出た時期:
  1年~半年前より水の多飲・多尿
  徐々に気だるそうになる
  直近には、痩せ始め夜中にずっと水道の水を
  欲しがり少し異常に感じたため訪院
  あと痩せ始めてから耳が熱くなっているの
  も気になった
  食欲も少し落ちる
  嘔吐(食後直後・飲水の直後)が3日に2回位

これまでの対応:
 6/23 血液検査 血糖値354  他は異常なし
 体重 4.65㎏
(前年12月の定期健診時5.05kg)
 脱水症状疑いのため点滴
 糖尿病疑いのため糖コントロールの餌(ROYAL CANIN)に変更

 餌変更後徐々に元気になる
 多飲・多尿はわずかに改善
 食欲が戻ってきた(1日平均上記餌70g摂取)
 嘔吐はほとんどなくなった

 8/5 再血液検査 HCT:31.8%
 BUN:47   血糖値:405
 体重 4.05㎏
 おそらく糖尿病との診断併せて脱水気味
 

・かかりつけの獣医師の説明
 おそらく糖尿病で間違いない
 対処としては二通り
  ①食事療法+週2回の点滴(脱水症状対策)
  ②インシュリン療法
   ただし、②は当院では対応できないので
   病院を紹介する

  耳の熱さに関しては不明

獣医から治療の選択を聞かれ、当方としては、
  ○猫が注射をいやがっている
  ○高齢
  ○行きつけの病院では①のみ対応可能
  ○6/23~の食事療法で元気になりつつ感じる
以上の理由から①食事療法+週2回の点滴を選択
 
・何を相談したいのか
 獣医からインシュリン投与の是非に関して、詳しい説明は聞けませんでした。判断をこちらに任された状態で、本当にこの治療方法でよいのか?
耳の熱さに関しても心配
猫の糖尿病についての知識はまったくの素人です。完治出来るものならそうしてあげたいし、それが無理でも、出来るだけ健康に近い状態で長生きさせてやりたいと思っております。

日時2017-08-09 08:41:54

専門の獣医師からの回答

この症例の病気として通常考えられるのは①糖尿病②腎疾患③肝疾患です。
血液検査で①糖尿病は確定的なものです。他に異常は無かったのでしょうか?
他に異常があればそれも治療の対象になります。
糖尿病の治療としては内服薬によることも有りますが、基本的に注射薬(インシュリン)を用います。
罹り付け医が、対応出来ないのであれば紹介してもらってください。
但し、糖尿病は完治する病気ではなくコントロールする病気であることは理解しておいて下さい。

日時2017-08-10 10:14:18

 

この相談にコメント・回答する

コメントするにはログインが必要です