TOP > 健康
動物病院を探す

愛犬にできたジャンボ毛玉との闘い! プロ伝授の秘策は「ハサミづかい」

デモ

 乳腺腫瘍の手術をした愛犬。細胞検査の結果、切除した二つの腫瘍はいずれも良性! ホッとすると同時に、「愛犬も10歳。これからも色々と気をつけて行かないと……」と、改めて気持ちを引き締めています。   (末尾に写真特集があります)    さて、手術の後…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|トイプードル,トリマー,乳腺腫瘍,毛玉,老犬

sippo

真夜中のマンションに響く雄たけび! 元野良猫「ゴーちゃん」の切ない訴え?

デモ

「ウウ、ウウウ」「ニャアアアアッ」  真夜中の午前3時。東京都内のマンション6階の一室に、野獣のような声が響く。60代のヨリ子さんと夫がそのまま寝ていると、声の主は寝室にやって来て、棚からいろいろなものを落とし始めた。ノート、メガネケース、目覚まし時計……。 …[ 続きを読む ]

猫|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|保護猫,夜鳴き,引っ越し,老猫,野良猫

sippo

ヒトとペットの豊かな共生を目指して ヤマザキ動物愛護シンポジウム

デモ

 「動物愛護と青少年の教育を考える」をテーマに、第7回ヤマザキ動物愛護シンポジウム(主催:学校法人ヤマザキ学園、特別協力:朝日新聞社)が17日、東京都千代田区の有楽町朝日ホールで開かれた。少子高齢化社会が進むこれからの時代に、ヒトとペットの関係はどうあるべきかについて関係者らが話し合った。 …[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|PR,シンポジウム,ヤマザキ学園,共生|Powered by ヤマザキ学園

sippo

薄毛のトイプードル「けずり」は、二人の愛のキューピッド 家族に迎えた1年後、同じ日に入籍

デモ

 Naoさん、Ayaさんのお二人に「けっちゃん、けずちゃん、けずりん、時には「(愛を込めて)ハゲちゃん」と呼ばれて愛されている推定7歳のメスのトイプードル、けずり。けずりという名前は、ミグノン代表の友森玲子さんが、動物愛護センターから引き取った当時に付けた名前だ。   (末尾に写真特集が…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|トイプードル,ミグノン,保護犬,分離不安,皮膚病

sippo

第56回  無理やり口をこじ開けるのはNG! 子猫のうちにフードで投薬練習をしよう

デモ

「こねこ塾」では猫に薬を与える方法も勉強してもらいます。犬は好物に薬を詰め込んだり、フードに混ぜたりして比較的簡単に投薬できます。しかし猫は警戒心が強く、このような食べ物はなかなか口にしてくれません。  だからと言って無理やり口をこじ開けて苦い味のする薬を飲ませると、猫は飼い主さえも警戒し、避ける…[ 続きを読む ]

猫|健康|フード,子猫,投薬,空腹,練習

sippo

高齢の犬の性格が変化 認知症かも知れません

デモ

:9歳になる日本犬を飼っています。穏やかな性格でしたが、ここ1年で突然激しくほえたり、尻尾を追いかけながらくるくる回ったりするようになりました。何かの病気でしょうか?(静岡県・男性) :飼育環境に大きな変化があった場合には、同じ行動を繰り返し続ける常同障害や分離不安など、精神疾患が考えられます。心…[ 続きを読む ]

犬|健康|ライフスタイル|シニア,加齢,精神疾患,認知症,高齢

sippo

幸せを発信!人気のふわもこ男子「だいふく」の日常

デモ

 「なんか今日お客さんいっぱいだね!」「みんな遊んでくれるの?」    パパとママを交互に見つめてワクワクした表情のだいふく(オス・3歳)。インスタグラムのフォロワー数 29万6000人を誇り、今年4月にはファースト写真集が発売に。ペアレンツの後藤隆之介さん・恵如(えな)さん夫妻は、イ…[ 続きを読む ]

犬|健康|ライフスタイル|PR,こだわり,だいふく,健康管理,癒し|Powered by ブルーバッファロー・ジャパン株式会社

sippo

狂犬病、最後の報告から60年 侵入リスクは「約5万年に1回」 予防注射の義務ない国も

デモ

 国内で最後の感染が報告されてから今年で60年が経つ狂犬病。狂犬病予防法では飼い犬の登録や年1回の予防注射が義務づけられているが、実は日本以外の狂犬病清浄国・地域(狂犬病の封じ込めに成功した国・地域)の大半は予防注射を義務づけていない。狂犬病予防はどうあるべきなのか。  輸出入検疫を管轄する農林水…[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|リスク,予防,侵入,報告,狂犬病

sippo

高タンパク、低カロリーで犬が喜ぶシカジャーキー 獣害に悩む小豆島で開発、今年度中に本格販売へ

デモ

 小豆島特産のオリーブの樹皮や新芽をむしゃむしゃ食害してしまうシカを捕まえ、その肉を有効活用しようと、香川県の農業改良普及センターと地元狩猟者グループがペット犬用のジャーキーを共同開発した。ヘルシーでおいしいシカのジャーキーは試食した犬たちも大喜び。今年度中にも島内の観光施設などで本格販売される予…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|シカ肉,ジャーキー,ペットフード,小豆島,無添加

朝日新聞デジタル

2匹目の犬を迎える時の注意点は? 犬にも相性や嫉妬がある

デモ

:既に犬を飼っているのですが、新たに保護犬を迎えようと考えています。気を付けたほうがいいことはありますか? :動物臨床医学研究所が運営している保護施設「人と動物の未来センター・アミティエ」(鳥取県倉吉市)にも時々、「2匹目として保護犬(保護猫)を飼いたい」という方がきます。保護犬に限らず、先住犬の…[ 続きを読む ]

犬|健康|ライフスタイル|トラブル,先住,多頭飼い,相性,2匹目

sippo

39ページ中3ページ目を表示