TOP > 健康
動物病院を探す

相次ぐ多頭飼育崩壊 犬20匹取り残され、高齢の飼い主は入院

デモ

 静岡県藤枝市岡部町の山中にあるトタンで囲われた土地に11月初め、シバイヌ20匹が取り残された。高齢の飼い主は入院。地主や保健所が再三、適正飼育を求めたものの、聞き入れられなかったという。相次ぐ「多頭飼育崩壊」に、県は頭を悩ませている。  関係者の話を総合すると、飼い主は70代男性。3年半前に岡部…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|シバイヌ,チーム柴犬2,動物愛護,多頭飼育崩壊,静岡県藤枝市

朝日新聞

ペット連れ歓迎! 愛犬との初詣ができる神社、お祓いも

デモ

大阪、神奈川、静岡の神社紹介  犬好きにはうれしい、戌(いぬ)年。カレンダーも、お年玉のぽち袋も、年賀状も、犬がいっぱい! そんな正月には、ぜひ犬と一緒に初詣をしたい。でも、動物連れの参拝を許可していない所も多い。東京以外のペット連れ歓迎の神社をご紹介します。なお、初詣は混雑が予想されるので、リー…[ 続きを読む ]

犬|健康|話題|ライフスタイル|お祓い,ペット連れ,初詣,戌年,神社

sippo

イヌ年は愛犬と一緒に初詣 お祓いも受けられる都内の神社

デモ

 戌(イヌ)年の今年、愛犬と一緒に初詣をしたい、祈祷を受けたいと思う人も多いはず。ペットお断りの神社寺院が多い中、ペット同伴で参拝できる神社として有名な市谷亀岡八幡宮(東京都新宿区)を訪ね、ペットを受け入れ始めた経緯や心がけなどについて聞いた。   (末尾に写真特集があります) …[ 続きを読む ]

犬|猫|その他|健康|話題|ライフスタイル|お守り,ご祈祷,初詣,参拝,神社

sippo

心に傷を負った犬の「不思議な行動」 寄り添った夫婦の思い

デモ

 千葉県内の夫婦のもとにやってきた1匹の保護犬。殺処分寸前のところを助け出されたその犬は、心に傷を負っていた。繰り返される不思議な行動、病気、そして老い。それらを丸ごと受け入れ、夫婦で「家族の一員」に寄り添った。  2匹いた愛犬を立て続けに亡くし、長女(33)が嫁いでいくと、竹花家は急に静かになっ…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|話題|ライフスタイル|がん,ゴールデンレトリバー,介護,保護犬,高齢犬

朝日新聞

高齢者のペット飼育 動物の見極めと、もしもの時の準備が必要

デモ

 超高齢社会を迎えた日本。高齢者にこそ、コンパニオンアニマルとしてのペットは重要だともいえますが、そこには「終生、動物の世話がしきれるのか」という大きな問題が横たわっています。ペットの生涯に責任を持つことは飼い主の義務。飼い主にもしものことがあったときの対策を講じておくことは、年齢に関係なく大切だ…[ 続きを読む ]

犬|猫|健康|ライフスタイル|準備,費用,食事,飼育,高齢者

sippo

風情あるお茶店の看板猫 最愛の「パパさん」を失い…

デモ

 富山を代表する祭り「おわら風の盆」で知られる富山市八尾町。歴史ある街並みの中にある中国茶の専門店に、のんびりとお客を迎える看板猫がいる。その猫に会いに行ってみた。   (末尾に写真特集があります)   「この夏、夫を亡くしました。『ももちゃん』は、パパさんが大好きで、足音に気…[ 続きを読む ]

猫|健康|話題|ライフスタイル|お茶,中国茶,八尾,富山,看板猫

sippo

猫が大人になったと感じる瞬間 子猫時代の深夜のハッスルは今…

デモ

 2017年も残すところあと数日になりました。  今年も『猫アレルギーですけど』をご覧いただき、ありがとうございました。「今回初めて見たよ、お前は誰なんだ?」と疑問を持ちながらご覧になっている方も、合わせて感謝申し上げます。  今年は連載100回という節目がありつつ、大きな変化もなく、猫と平和に過…[ 続きを読む ]

猫|健康|話題|ライフスタイル|保護猫,夜行性,深夜,猫アレルギー,老化

sippo

保護犬活動はシニアにおすすめ! ゆるくつながり、息長い支援

デモ

 大阪府高槻市の伊藤順子(よりこ)さん(63)は、月に3度は、伊丹空港に保護犬を迎えにいく。その多くが、鹿児島県の奄美大島や徳之島で殺処分寸前だった子たちだ。「離島は避妊や去勢が定着しておらず、殺処分しか選択肢がない厳しい状況のところが多い」と話す。  犬たちを引き取る際に、障がいの有無や年齢など…[ 続きを読む ]

犬|健康|動物愛護|ライフスタイル|シニア世代,保護犬,殺処分,犬の合宿所,預かり

朝日新聞

幼い子犬・子猫の販売を認める時期 利益優先か、安全性か

デモ

 幼い子犬・子猫を、販売目的で生まれた環境から引き離す時期はいつが適当なのか。欧米先進国ではとっくに「8週齢(生後56〜62日)」以降という結論が出ているこの問題を巡り、環境省が5年で約1億1千万円を投じて「検討」を進めている。  その一部として12月15日には、2回目の「幼齢犬猫の販売等の制限に…[ 続きを読む ]

犬|猫|健康|動物愛護|ペットショップ,環境省,繁殖業者,規制,8週齢

sippo

日本の畜産も「動物福祉」に配慮を! 五輪の食材条件に明記

デモ

 家畜を、より快適にストレスなく飼育しようという動きがじわじわと広がっている。「アニマルウェルフェア(動物福祉、AW)」という考え方だ。欧米が先行していたが、2020年の東京五輪・パラリンピックの食材調達でも求められることになった。国内の畜産業も向き合わざるを得なくなりつつある。  丸一養鶏場は、…[ 続きを読む ]

その他|健康|動物愛護|ビジネス|話題|ライフスタイル|らでぃっしゅぼーや,アニマルウェルフェア,バタリーケージ飼育,動物福祉,東京五輪

朝日新聞

49ページ中5ページ目を表示