TOP > 犬だって、いろいろあるんだよ 柴犬流 シカトの極意④

Shi-Ba・Shi-Ba|更新|2016/12/14

犬だって、いろいろあるんだよ 柴犬流 シカトの極意④

無視もコミュニケーションのうち!? 気づかないフリの真意に迫る

犬が飼い主を無視するような態度をとることって結構ある。何故そうなってしまうのだろうか?改善方法なども含め、紹介しよう!

Text : Daizo Okauchi Photos : Teruhisa Tajiri

監修:西川文二先生


 

とった獲物は渡さない これ、野生の本能です

 海は飼い主を無視する時がたまにある。まずは、散歩中にセミを見つけ、拾い食いをした時。「やめなさい」と注意しても、シカト。捕えた獲物を放そうとはしない。

 また、家の中では、朝方に海をケージから出すのだが「出なさい」と言っても気分が乗らなければ無視するのだそう。

「以前は、オヤツを使えば呼びかけても無視することはなかったのですが。最近はひっかからないこともあります」と苦笑い。

 時々、彩良菜さんのことを無視することもある。普段からとても仲良しのふたり。取っ組み合いや押し合いっこなどスキンシップをすることがある。一緒に遊ぶことも多いのだが、気分が乗らなければ誘われても聞こえないフリをするのだそう。

 海もそろそろ大人の男、ひとりになりたいこともあるのだろう。オヤツにもひっかからなくなってきてるし。かっこいいぜ海!

柴犬だって大人になるといろいろあるんすよね

ちょっと今は疲れてるんで

 遊んでほしいー、と語りかける彩良菜さん。しかし、疲れているのか、その誘いを無視する海。気分屋なのだろう。


好きな場所から出たくない!

 狭い場所に入るとなかなか外に出てこない。この日は、外での撮影のために散歩に連れていこうと「おいで」と誘われるがシカト。しょうがないから、強引にテーブル下から連れ出して、リードの装着に成功。力技は無視ができないのである。


動かないと決めたらテコでも動きまへん

 散歩中に途中で疲れると芝生の上に寝転がり、「行くよ」と言っても、聞こえないフリをするという。見よ! この決意を固めた男の表情を! ものすごくマイペースな海なのであった。


番外編 これだけはシカトできない!

お客さんが大好き! いつでもお出迎え

 来客が大好きな海。誰かが玄関先にいるのを見つけると、柵の間から顔を出してどんなに疲れていても嬉しそうにお出迎え!新しい刺激を無視することはできないのだ。


監修:西川文二先生

Can!Do!Pet Dog School主宰。公益社団法人JAHA認定家庭犬インストラクター。環境省主催「動物適性飼養講習会」講師。科学的な理論に基づくトレーニング方法は、多くの飼い主に支持されている。著書に『いぬのプーにおそわったこと』(サイゾー)

Shi-Ba

Shi-Ba(シーバ)

柴犬をメインとした日本犬専門マガジン(柴犬・秋田・紀州・北海道・四国・甲斐犬)。既存の「日本犬=番犬」という硬直したイメージにとらわれることなく、今の時代に合った新しいカタチの飼い方やライフスタイルを、数多くの実例取材をもとにしたオモシロ企画で提案。また日本の民族文化や伝統工芸などを柴犬が紹介していくコーナーなど、そのイケイケの編集方針が生み出す独特な世界は、「ペット雑誌」という言葉だけではもはやくくりきれない?
公式Facebook:http://www.facebook.com/ShiBa2929


from Shi-Baの記事


専門の獣医師があなたの疑問にお答えします(健康医療相談)